コンニャクのゼリーを突き破ったかのような感触とともに、雁首までもが直腸内に埋まる

無言でうなずき、両手でがっしりと豊臀を押さえこむ。男根をしならせ、裏筋を緊張させ、気合を入れて腰を押しだす。
「あぐっ!」
喉から搾りだすような嗚咽とともに、若勃起がズブンッと、コンニャクのゼリーを突き破ったかのような感触とともに、雁首までもが直腸内に埋まる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。