さっそく、肉棒を探し当てると、その硬さ、大きさを確かめるようにギュッと握った

そうする間にも、貴和子が股間に手を伸ばしてくる。さっそく、肉棒を探し当てると、その硬さ、大きさを確かめるようにギュッと握った。
「ほらぁ。広海さんも、ね。もうこんなになってるのぉ」
朝立ち、ではないが、眠っている間の勃起もある。そのうえ、豆電球ひとつの暗がりとはいえ、ベビードール姿の貴和子にぴったり密着されているのだ。
寝間着を通してさえ感じる暖かさと柔らかさ。
噎せるほど香ってくるのは、貴和子の匂いだ。どんな高級な香水よりも蠱惑的に、広海の下半身に直接響いてくる。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。