ベビードールの下、スキャンティーの紐を解くと、暗がりでもわかるほど、黒々とした貴和子の恥毛が見て取れた

こんどは広海の手を取ると、自分の股間へと導いていく貴和子。
ベビードールの下、スキャンティーの紐を解くと、暗がりでもわかるほど、黒々とした貴和子の恥毛が見て取れた。
股間の奥へと押しつけられる広海の手、指。貴和子がわずかに腰をもたげて、広海の手を誘い込んだ。
サリサリと恥毛の感触を手のひらに受けながら、広海の指が肉唇に直接触れる、と、
(ぁ……)
ヌリュ……。厚みのある小陰唇をこじ開けるまでもなく、ほころんだ肉唇から漏れ出したたっぷりの蜜に指が泳いだ。と思ったときにはもう、吸い込まれるように、貴和子の肉裂を侵していた。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。