早くもリズミカルに上下する貴和子の腰が、肉棒を呑み込んでは吐き出し、また呑み込んでいく

ニュチャ、ニュチャ……ズチ、ヌチ……。早くもリズミカルに上下する貴和子の腰が、肉棒を呑み込んでは吐き出し、また呑み込んでいく。
ときおり、根元まで肉棒を埋め込んだまま、膣奥に当たった亀頭の先をさらに押しつけ、刺激を貪る。
そうかと思うと、浅く出し入れしたり、右へ左へ腰を回し振ることまで。すっかり膣で肉棒を味わうかのようだ。
(貴和子さんの膣内、熱くてとろとろで……。ぼくのち×ぽまで、溶けていっちゃいそうだよ)
いつもなら、騎乗位で繋がっている膣洞を、広海のほうからも突き上げ、フィニッシュまでもっていく。
しかしいまは、貴和子のゆるやかな腰の動きに身を任せていたい。豊かな膣襞に包まれて、蜜の海に漂うような……。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。