た・体位(騎乗位)

鮎川晃

一気に盛った勇作が、奈津子の豊かな尻を握りしめ、根元に叩きつけるように動かす

「あひいぃ!」 興奮した勇作にいきなり突き上げられて、階下に聞こえるほどの大声を奈津子があげる。反動で乳房が揺れ、虚空に汗の飛沫が散った。 「は、恥ずかしがってるくせに、ま× こは……うぐ……ま× こはぬめぬめじゃないか!あう、だ、だめだよ...
鮎川晃

剥き出しの乳房は、愛戯とアクメの汗に濡れ、灯りを受けてぬらぬらと、肌を淫靡に光らせている

濡れた瞳で頷くと、奈津子が勇作にしがみついてくる。抱き合ったまま勇作が仰向けに寝ると、その腰に跨ったまま、奈津子が裸身をゆっくり起こした。 「あん、久しぶりなのに、女の私に動けだなんて……相変わらず強引なのね?」 垂れた髪をかきあげながら、...
鮎川晃

麻里亜はすっかり女の歓びに貪欲、股を開いた騎乗位で、結合部分を勇作に見せつけながら、大きく上下に、淫らに前後に尻を振って、互いの快感を紡いでいる

「あん、まださっきのこと怒ってるの?案外根に持つタイプなのね?うぐ!い、言います、もちろん勇作よ?あなたのコックの勝ち。これで赦してくれる?」 妬かれて麻里亜も嬉しいらしく、済まなそうな口ぶりとは裏腹に、腰をいっそう淫らに揺らし、勇作のち×...
鮎川晃

唐突の挿入に戸惑っている麻里亜の尻をしっかと掴むと、勇作は激しく腰を突き上げはじめる

「判りましたから、さぁ、また上に乗って。でも、今度はち× ぽにですよ?」 麻里亜に自分を跨がせるや、立てたち× ぽを思い切り突き上げる。アクメしたてのおま× こに、いとも容易く根元まで刺さった。 「あぐう!そ、そんないきなり……うぐう!」 ...
鮎川晃

尻を握りしめて早苗を固定し、ま× こを突き抜かんばかりに突きまくる

「あぁ、おま× こがますます締まって……うぐう!あう!ぼ、僕もめっちゃ気持ちいい!ま× こ、った、堪らないよお!」 アクメ寸前の熱い粘膜に、ち× ぽをくまなく舐め回されて、勇作もどんどん昂ぶっていく。尻を握りしめて早苗を固定し、ま× こを突...
鮎川晃

昂ぶってきた気持ちのままに、いっそう激しく腰を上下に踊らせながら、泣きそうな顔で早苗が懇願する

「見るなんて嫌よ。どうなっているのかぐらい判ります……あ、あぁっ、ま、また来そう……ねぇ、今度は一緒に。私ばかりなんて恥ずかしいわ。いいでしょ?」 昂ぶってきた気持ちのままに、いっそう激しく腰を上下に踊らせながら、泣きそうな顔で早苗が懇願す...
鮎川晃

四股の格好で腿に手をやり、淫らな屈伸運動を繰り返している

うわ言のように繰り返しながら、それでも夢中で早苗の尻を持ち上げては、重みにまかせて勃起に叩きつけるように突き刺す。速く。何度も。勢いよく。 「あぁ!ち× ぽ!ち× ぽいいですう!……こ、擦れてる……隅々にまで……ひいん!……あぁ、なんていや...
鮎川晃

乳房を揉まれて息を弾ませながら、しゃぶって濡らした指先で、勇作の乳首を刺激している

「前から訊こうと思ってたんですけど……」 早苗の腰に合わせて突き上げながら勇作が言った。乳房を握って揉みはじめる。 「なあに?」 閉じていた目を早苗が開いた。乳房を揉まれて息を弾ませながら、しゃぶって濡らした指先で、勇作の乳首を刺激している...
鮎川晃

勇作に座りこんだ尻が、ぶるん、むちむち、たぷんびたん……と、艶かしくその身を揺らし、あるいは大きく上下に踊り、抜けては刺さる勃起を見せつける

「くす。お口でしてもらいたいの?いいわ、これが終わったらたくさんしてあげる……あぁ、あなたのおち× ぽ、どんどん熱くなってるわ……」 上下に、そして時には前後にと動き、己が女淫の様々な場所に、勇作を早苗は擦りつける。勇作に座りこんだ尻が、ぶ...
鮎川晃

滴で毛先を濡らした茂みは恥丘にくっつき、所々にアクメの白濁汁をぬめらせた屹立に、蹂躙される淫花の仔細を、恥ずかしげもなく晒している

勇作に抱きついたまま仰向けに寝かせて、早苗が上になった。立てた膝を大きく開き、勇作を濡れた瞳で見つめながら、淫らな屈伸運動を始める。 たまらず勇作が生唾を呑みこむ。 「う、わ……つながってる部分が丸見えで……め、めっちゃいやらしい」 滴で毛...
鮎川晃

弾むように裸身を揺らし、あるいは根元で女核を押しつぶすように、尻を淫らに前後させ、何度も何度も頂点を極めた

未亡人のはしたなさが、勇作に四度目を求めさせたのは言うまでもない。 恵子が上になって交わった。最初はとても恥ずかしそうにしていた恵子だったが、激しく勇作に突き上げられるうちに、やっぱり夢中になっていった。弾むように裸身を揺らし、あるいは根元...
空蝉

ズパンッ、と盛大な肉の衝突音が響き、賢太と美幸の下腹肉が同時に波打った

「ぁ、はっ、イッ……クぅぅ」 「んぅっ、ぁ、ふぅぅ……ンッ、ちゅうううっ」 喘ぎ仰け反る朱里が、抱き締める美幸共々震える腰をグラインドさせる。自慰の手を止めぬまま。結が唾液滴る舌を男女の接合部へと摺り付けた。 朱里と賢太、結と美幸と賢太。二...
空蝉

今にも弾けかねない予感に急き立てられて、愛しの恋人を突き揺する事に注力し、彼女の爆乳を縦に幾度も震わせた

「あっ、は……ああぁ、見つかっ……ちゃったぁぁ♪」 賢太の舌にGスポットを刺激され、朱里もまた、余裕の消えた媚声を披露する。美幸よりも粒の多いざらつきを扱くほどに、潤みを増して襞肉が絡みつく。 舌で掻き混ぜた愛液が、真新しく染みた蜜に押され...
空蝉

姉の痴態に触発され、自らの手で股と尻、二つの穴を慰めだす

「……ちゅ、ぢゅ……っ」 戸惑う賢太と美幸を尻目に、少女の濡れた舌が接合部を舐り啜った。 「ひぁっ、ああぁぁっ、ゆ、結ィィッ。駄目、恥ずかしいからぁぁっ」 同時に悶えた男女の内、まずラビアを舐られた美幸が、甲高い嬌声を噴き上げる。 妹の唇の...
空蝉

間もなくして堪りかねた美幸の火照り尻が、妹の視線を浴びながら縦横無尽に躍った

「はぅ、あ、あはァァ……中のヒダヒダっ、チュッチュされるの、好きぃ」 ──わざと、美幸を煽る気だ。視認するまでもない。見慣れ過ぎた朱里の悪戯っぽい笑みが脳内再生され、賢太は瞬時に彼女の意図を理解した。 朱里に向き合う格好の美幸は、まんまと思...
空蝉

初めての騎乗位。いつもと違う部位を亀頭に擦られた驚きを、じきに悦びに変え、一層美幸の腰振りが欲深くなる

擦れるたび捲れて内に溜まった蜜を漏らすラビアに、吸いつかずにいられなかった。 「あ、はあぁ、ん……っ、いい、よ。上手。ズルズルっ、音立てて啜ってるの、お腹の奥にまで響いてるぅぅ」 (息できないんだから、仕方ないだろ!) 心の中で悪態をつきつ...
空蝉

予想通り顔面に腰を押し付けられ、勢いもそのままに賢太の後頭部が敷布団に沈む

傍観者の存在を忘れ睦み合う男女の上に、影が差し、甘い雫がポタリ、滴った。反射的に頭上を仰いだ美幸と、影の主──朱里の視線がかち合う。 「駄目っ朱里さん!……きゃっ」 賢太の胸板に両手をついて腰振りに集中し始めていた矢先でもあり、朱里に肩を押...
空蝉

「積極的におっぱい押し付けてくる美幸さん、滅茶苦茶エロくて、大好きです」

恋人に敷かれながらも獰猛さを覗かせた賢太の姿に、見入る朱里の腰が揺らぐ。 「積極的におっぱい押し付けてくる美幸さん、滅茶苦茶エロくて、大好きです」 のし掛かられると、より一層豊かで柔らかな乳房の触感が堪能できるから。 「それに、中も……っ。...
北都凛

膣にディルドウを挿入されたまま、お尻の穴にペニスを咥えこまされたのだ

「ずいぶん盛りあがってますね」 京子のフェラチオで完全勃起した剛根を揺らしながら歩み寄り、なにやら理彩に目配せをする。 すると要求を察した理彩は、すぐさま令夫人の背中に手をまわして抱き起こし、対面座位の体位へと移行した。 「ああンっ、いやよ...
葉川慎司

祐司の腰をまたいだ騎乗位の姿勢で、背中を仰け反らせ腰をしゃくりあげはじめる

「入れてください」 顔をあげ、祐司をベッドに導く。瑞穂は横になった祐司の腰を、着衣のまままたいできた。 動きやすい黒のカットソーと、グレーのニットスカート。瑞穂はスカートをまくり上げ、黒のパンティを引き下ろした。今日のパンティは、スポーツ下...