さらに、手指は下腹部に及び、わずかに躊躇いを見せながらも、勃起を握られてしまった

寝巻代わりの浴衣の前合わせがくつろげられ、掌で胸板を愛しげに擦られる。さらに、手指は下腹部に及び、わずかに躊躇いを見せながらも、勃起を握られてしまった。
「うあおっ!」
思わず、びくんと体を震わせると、勢いづいた手指がぎこちなくも初々しい動きをはじめた。勃起の形を確かめるように、小さな掌が上下するのだ。
「くはっ……。ああ、寧々っ……!」
その手淫は、お風呂の時より格段に上達している。健気なまでの愛情が感じられ、俊輔の昂りはいや増した。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

聞かずもがなの質問を投げかけながら、怒張した肉棒をまっすぐに持ちあげる... 「ええ、フェラチオ……それとも、手のほうがいい?汚れたパンティでオチン×ンをくるまれて……慎ちゃんは、そういうのが好きなのかしら?」 聞かずもがなの質問を投げかけながら、怒張した肉棒をまっすぐに持ちあげる。 慎也の答えを待たずして、腰の袂にうずくまり、下腹部に顔面を寄せてゆく。...
ぐっと反り上がった陰茎に白魚のような指先がそっと触れる... 凪子は宣英の股間に視線を落とすと、細い指先を伸ばした。ぐっと反り上がった陰茎に白魚のような指先がそっと触れる。触れる。その瞬間、足先から脳天までひりっと電流が奔り、カウパー液が先端からじわりと染み出してこぷりと盛り上がる。...
目の前で体を妖しくくねらせて踊る、熟女たちのそれぞれの股間の割れ目を想像するだけで、短パンに擦れて痛... (ああ、僕って意志薄弱だな……。こんなに艶めかしいおばさんたちを見ると、どうしてもち×ぽが反応してしまう) それは留美子によって、女の味を熟知させられた後だけに当然のことではあった。目の前で体を妖しくくねらせて踊る、熟女たちのそれぞれの股間の割れ目を想像するだけで、短パンに擦れて痛いほどに、肉棒は...
すぐに彩菜の手が加わって、広海の肉棒はふたりの美女と美少女の取り合いになってしまう... 「あ、ママ!勝手に広海のおちん×ん取らないでったら。彩菜も……!」 すぐに彩菜の手が加わって、広海の肉棒はふたりの美女と美少女の取り合いになってしまう。ふたつの手が、肉棒をやわやわとこすり上げるのはもちろん、 「すぐにもっといいこと、してあげるわよぉ、広海さん。ほらぁ」...
短パンを突き破ろうとしているペニスを優しく撫でさすった... 「よかったわね。さあ、もっとオチンチンの上で、滑らかに指を動かしてみて。そうしたら、雅也くんはとっても喜ぶよ」加奈子は、しっかりと握っていた手を離した。そして戸惑う素振りを見せたものの、指先を使い、短パンを突き破ろうとしているペニスを優しく撫でさすった。...
舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる... 「俊輔さん、よっぽど気持ちいいのですね。お腹の筋肉がヒクヒクしてますぅ」 ヒクついているのは、お腹ばかりではない。どこよりも、肉塊が小刻みに痙攣している。快感のあまり菊座をぎゅっと絞るため、勃起肉がぷるるるっと跳ねるのだ。 そんな俊輔の反応を的確に判断しながら睾丸愛撫が続けられる。舌先に裏筋を舐...
千夏の白い手指がボクサーパンツをぐいっとずり下げ、飛び出した勃起を握った... 千夏の白い手指がボクサーパンツをぐいっとずり下げ、飛び出した勃起を握った。やさしい締めつけが、ぎゅぎゅっと肉塊を圧迫する。 「あうぅっ!」 パンツ越しの擦りつけとは、比べ物にならない鋭い快感。思わず俊輔は、女体を抱きしめた。...
留美子の手は優しく肉棒に絡みつき、絶妙の強弱で長竿を擦りはじめる... 「まぁ、どんどん、大きくなっていくぅ……。うふふっ、健太くんのこれ、何を期待しているのかしら……」 見上げてくる留美子の目の艶めかしさに、健太は思わず生唾を呑み込む。顔を色っぽい目で見つめてくるだけではなかった。留美子の手は優しく肉棒に絡みつき、絶妙の強弱で長竿を擦りはじめる。...
ママのお指やお口で、悦んで、健太ちゃん……... (健太ちゃん、ママ、いま、行くわね……。でもママは、健太ちゃんと交わることはできないの。健太ちゃんもそうよ……。だって、母と子なのですもの……。だから、健太ちゃんも、ママと交わってはいけないの……。ごめんなさい、健太ちゃん……。でもママ、それ以外のことで、今夜はあなたに奉仕する……。ママのお指やお口...
「ああん、凄い……。健太ちゃん、また、一回り、大きく、硬くなって……」 脳裏に浮かんだ、義母と留美子の淫唇を思い出すことにより、肉棒はさらに隆々と聳え立つ。咲枝は嬉々として、扱く手の動きを速くする。 「あ、だめだよ、咲枝さん……。そんなに激しくされたら、僕、また出ちゃう……」 「うふっ……。そ...