さらに、手指は下腹部に及び、わずかに躊躇いを見せながらも、勃起を握られてしまった

寝巻代わりの浴衣の前合わせがくつろげられ、掌で胸板を愛しげに擦られる。さらに、手指は下腹部に及び、わずかに躊躇いを見せながらも、勃起を握られてしまった。
「うあおっ!」
思わず、びくんと体を震わせると、勢いづいた手指がぎこちなくも初々しい動きをはじめた。勃起の形を確かめるように、小さな掌が上下するのだ。
「くはっ……。ああ、寧々っ……!」
その手淫は、お風呂の時より格段に上達している。健気なまでの愛情が感じられ、俊輔の昂りはいや増した。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

右手が上下に動く度に、肉棹はピクピクと勢いよく跳ね動いた... 「それはどうかしらね、ふふ。お姉さんは、こんな感じに擦ったのかしら」 彩香は含み笑いで誤魔化すと、佑二の肉茎をゆっくりと扱き始めた。右手が上下に動く度に、肉棹はピクピクと勢いよく跳ね動いた。 「征一さんは、ここを丁寧に洗えって言っていました。指先でくすぐるように……この括れた部分には指を巻きつけ...
勃起のために固く引き締まった玉を包み込み、まるで精液を竿に送るかのようにリズミカルに動く... 詩織の指は、とうとう本気を出した。何しろ、これまで空いていた左手が睾丸を触ったのだ。勃起のために固く引き締まった玉を包み込み、まるで精液を竿に送るかのようにリズミカルに動く。おまけに雅也が大量の先走りを垂れ流しているため、それがローションのような役割を担う。指だけでなく、手全体が滑らかに上下する。...
月明かりに、巨大な白桃のような尻房が並び、肛孔から淫裂までが、はっきりと見えていた... 「ああ、素敵……。あたし、欲しくなっちゃった……」 「僕も……。でも、さすがにこんなに深いところでは、無理だね……」 咲枝を一度呼び捨てにした後から、健太の口調はだいぶ砕けたものになっていた。咲枝もそれを悦んでくれている。 「戻ろう、健太ちゃん……。渚でするのも、いいかも知れない……」 「え...
そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ... 「手はおしゃぶりする女の頭の上に置くのよ。上手だったら撫でて褒めればいいし、もっと呑み込めっていうのなら、下へ押し込めばいいから」 そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ。 「んぐっ、んふ」 彩香は喉声を漏らして肉茎を吸い、棹腹を指で甘く扱き立てる。睾丸をころころと指で転がすことも忘れな...
舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる... 「俊輔さん、よっぽど気持ちいいのですね。お腹の筋肉がヒクヒクしてますぅ」 ヒクついているのは、お腹ばかりではない。どこよりも、肉塊が小刻みに痙攣している。快感のあまり菊座をぎゅっと絞るため、勃起肉がぷるるるっと跳ねるのだ。 そんな俊輔の反応を的確に判断しながら睾丸愛撫が続けられる。舌先に裏筋を舐...
いいのですよ。もっと気持ちよくなってください。千夏の手に出してくださいっ... 「いいのですよ。もっと気持ちよくなってください。千夏の手に出してくださいっ」 亀頭を半分ほど覆う皮が引っ張られ、カリ首が剥き出しになる。繊細な指先が、その周囲をくすぐるように刺激してくる。 「あおうっ!うぐうぅっ!!」 女性のように悦びの声をあげ、ビクンビクンと身悶えた。溜まりに溜まったエネル...
堂々とそびえたつペニスをそっと握り締める... 熟れた人妻は、洗い場の椅子から尻をずらすと、宣英に椅子を差し出した。誘われるがままに風呂椅子に腰を降ろした宣英の前に跪くと、手のひらにボディソープをたっぷりと取り、宣英の下半身の中心に、堂々とそびえたつペニスをそっと握り締める。...
彩香は勃起を括り込んでいた指を緩めると、ゆるゆると棹腹をさすった... 彩香は勃起を括り込んでいた指を緩めると、ゆるゆると棹腹をさすった。彩香の指のなかでペニスは苦しげに戦慄きを起こす。...
彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた... 彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた。射精したばかりでまだ敏感な亀頭に、快感の電流が走りまわる。それこそ、ついさっき尚樹のどこかへ飛んでいた意識を現実に引きもどした快感だった。 口だけでなく、彩海の右手が肉幹を握り、左手が睾丸を包んだ。それぞれ、硬い棹を上下...
エラの括れを指先でなぞりながら、身を屈めて喘ぐ口元にキスをした... 花穂子は十六歳のペニスを絞り込み、刺激を強くした。尿道口に指先を軽く押し当てて、マッサージする。勃起の震えが大きくなった。 「ママの手、気持ちいい。あん、出ちゃう」 佑二が乳頭を吐き出し、快感を訴えた。花穂子は指遣いを止めて、亀頭をきゅっと掴んだ。エラの括れを指先でなぞりながら、身を屈めて喘ぐ口...