伸ばした舌先が亀頭に絡まる。唾液が自然に湧き出て、舌の滑りをよくする

(いくわよ、健太くん……)
留美子は目の前の肉棒に無言で語りかけ、長い舌を出し、舌先をもう一度、肉棒の先端に押し付けた。
(ああ、久しぶりだからかしら。とても美味しい……。ううっ、味が濃いわ……)
無味のはずの先走り汁が殊のほか美味に感じられる。
(ああ、私、もう、ぐしょぐしょ……。イヤだぁ、太ももをすり合わせただけで、いやらしい音が……。どうしよう……健太くんにも聞こえているかも……)
生じた羞恥心が、留美子の行動を煽った。伸ばした舌先が亀頭に絡まる。唾液が自然に湧き出て、舌の滑りをよくする。
「あああっ、留美子さん……」
(健太くん、もうイキそうなのね……。いいわ。舐めたりしゃぶったりは、この後いっぱいしてあげる……。いいのよ。好きなときに好きなだけ、留美子のお口にしぶかせて……)
留美子の舌が亀頭に纏わりついて何度も跳ねる。そのたびに、歓喜にくぐもった健太の声が頭上から降ってくる。健太の手が留美子の頭を押さえ、十本の指が乱暴に留美子の髪を掻き毟る。それに刺激され、留美子は舌でのもてなしから変化し、すぐに大口を開けて口中にいきり勃った肉棒を呑み込もうとしていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。