だ・男性器(先走り)

天海佑人

孝典はあらためて静恵の尻たぼを掴むと、ぐっと割り、そしてペニスの先端を尻の狭間に入れていった

孝典は静恵の双臀から顔を引いた。そして立ち上がる。なにもしないでいると、どうしたの、と双臀をこちらに向けたまま、静恵が振り向いた。 「あっ……いやっ」 すぐに美貌をそむけた。孝典は学生ズボンからペニスを出していたのだ。それは見事に反り返り、...
天海佑人

裏の筋に舌腹を押し付けてくる。と同時に、ペニスの根元をゆっくりとしごきはじめる。

ブロンド美女からすれば、孝典のペニスは小さいのでは、と危惧した。 エマは無言のまま、反り返ったペニスを白い指で掴んできた。 「ああ、硬いわ……すごく硬い……ダーリンのコックも……硬いけど……ああ、タカノリのコックも……ああ、硬いわ……日本人...
早瀬真人

白魚のような指が股間に伸びてくる。内から込み上げてくる性衝動が、海水パンツの中の怒張を苛烈に脈動させる。

(あぁ、見たい。見たいよぉ。おマ○コって、いったいどうなってるの?) まるで獲物を狙う獣のように、充血した目を光らせ、無意識のうちに手が太股へと伸びてしまう。 きめの細かい肌に手のひらを這わせると、全体がしっとりと湿っており、指に吸いついて...
天海佑人

孝典は、しゃぶってくださいよ、と言いながら、松前先生の奥さんの優美な頬に押しつけていく

おしゃぶりしてもらおう、と孝典は思った。すでに童貞は卒業し、ベロキスもしていたが、フェラはまだだった。そうだフェラだ。おしゃぶりだ。 孝典は裕美の目の前で、学生ズボンのジッパーを下げはじめた。 「い、いや……だめ……お、おち× ぽは……出さ...
早瀬真人

亜紀のヒップを凝視しながら、慎吾は屹立した股間を右手で弄った

亜紀のヒップを凝視しながら、慎吾は屹立した股間を右手で弄った。 甘美な快感が脊髄を走り抜け、射精願望に怒張がズキンと疼いてしまう。すでに鈴口からは、カウパー液まで溢れているようだ。 (やばいな。こんな状態で、もしエッチな展開になったら……)...
鮎川晃

指で長さを測ったり、握って太さを確かめる早苗が、ますます勇作を昂ぶらせる

「実物はもっと逞しいんですね?こんなに立派なおちん× ん、私、初めて……ちゃんと気持ちよくしてあげられるかしら?ちょっと心配になってきちゃった」 指で長さを測ったり、握って太さを確かめる早苗が、ますます勇作を昂ぶらせる。 「あ、あの、早苗さ...
天海佑人

両手を縛ったどす黒い縄が、タンクトップの胸元の上下に食い入っていく

裕美はリビングと隣の和室との境にある柱を背にして、立ったまま、後ろ手に縛りつけられていった。いつでも女を縛れるように、浩二たちは常に縄を持ち歩いているようだった。 両手を縛ったどす黒い縄が、タンクトップの胸元の上下に食い入っていく。 不良た...
葉川慎司

沙恵子はちらりと祐司を見あげ、亀頭をぱくりと口腔に含んだ

(ああ、すごい……) 祐司のペニスは天を指し示すように屹立していた。皮の剥けた亀頭の先端が真っ赤に染まり、尿道口から透明な前ぶれの露が溢れている。 瑞穂は人差し指で体液を掬い取ると、竿の裏側の筋に塗りつけていく。 「ああっ!はうぅ」 祐司の...
北都凛

無我夢中で亀頭に唇をかぶせて、一気に根元まで呑みこんでいく

仕切りのカーテンを閉めた途端、そこは子供服売り場から隔離された二人きりの妖しい空間へと変貌する。 「あ……神谷……さん……」 肩を押さえつけられた綾乃は、力なくその場にひざまずく。 そして目の前に突きつけられたスラックスの股間を見つめて、思...
葉川慎司

ペニスの大きさをチェックするように、右手の五本の指を巻きつけ、握ったり離したりする

「恥ずかしがらないで。こんなに大きくなってるわ」 パンツを太腿まで引き下げる。下腹を打つように反り返った男根が露わになる。昨日より、一回りくらい大きく感じる。 「ああっ。そんなに見つめないでよ」 祐司は両手でペニスを隠してしまう。まだ自分に...
空蝉

見下ろす形で眺めるHカップの双乳は、より一層肉厚に、たわむ様が巨大な瓜のように見えた

「わ、私も。こんなに間近で見るの、初めてですけど……その」 「グロい、ですか?」 乳の谷間から顔を出すたび、亀頭に美幸の視線が注ぐ事には気づいていた。自ずから腰を押し出して近づければ、彼女の唇から漏れ出た熱い吐息がたっぷりと亀頭に吹きかかり...
空蝉

羞恥と情欲に火照る美貌で覗き込み、彼女の指がニギニギとペニスの幹に柔い刺激を加えてくる

青年の感嘆の呟きによって、初めてショーツの湿りに気づいた当人が、また腰をくねらせた。摩擦を浴びて喜悦に震える肉棒は、彼女の手に握られたまま。 「あ、あ……っ。今の、気持ちいい」 「……男の人の、お、おちんちんって、とっても敏感なんですね」 ...
空蝉

赤熱する亀頭をさすった彼女の腰も歓喜にくねり、賢太の腿にすがり付く

「俺、俺もっ。美幸さんと一緒によくなりたい……!」 トランクスも膝下までずり下ろし、剥き出したばかりの肉棒を改めて美幸の手の平に擦り付ける。 「ふ、ぁ……っ。凄い……脈打って、火傷しそうなくらい熱い……」 赤熱する亀頭をさすった彼女の腰も歓...
葉川慎司

瑞穂はふたたび顔を伏せ、お尻をぐっと突きだした。女の亀裂から、とろりと愛液が滲みでる。

祐司はちょっと怒ったように顔をあげ、肉竿を握りしめる。ペニスは驚くほど硬く、熱く屹立していた。 ぱんぱんに張った亀頭の先端から、半透明の体液が滲みだしている。今にも爆発してしまいそうなほど昂ぶっているのだ。 「祐司さんに、お任せします」 瑞...
空蝉

ガチガチに張り詰める肉棒の丸みを帯びた突端から、早くもカウパー液が染み漏れていた。それを見て、朱里がまた顔を綻ばせる。

「ふふ。泣き虫だった賢坊が、随分成長したもんだなーって、感心しちゃった。なかなかいいモノ持ってるよ、うん。これなら管理人さんの前に出しても大丈夫」 コレよコレの事、と肉棒の幹をくすぐられ、否応なしに嬌声をこぼれさせられる。 ガチガチに張り詰...
御堂乱

毛むくじゃらの根元を握ると、初々しいピンク色の亀頭で志津子の高い鼻梁をなぶり、鈴口から溢れるヌルヌルの我慢汁をなすりつけた

「咥えさせろ」 リズミカルに突き上げながら、竜二が青年に言った。 「この貞淑ぶった女の口を、おめえの汚いチンポで犯しぬくんだ」 青年は思わずうなずいていた。 作業ズボンの中で肉棒が軋み勃っていた。あわててベルトを外し、ブリーフと一緒にズボン...
北都凛

黒光りする亀頭はパンパンに張りつめて、先端から透明な液を滴らせている

そして最後にボクサーブリーフをおろすと、人間離れした巨大な剛根が臨戦態勢を整えて飛びだした。 「ひっ!……」 一歩も引こうとしなかった赤城夫人が、思わず息を呑んで黙りこむ。と、同時に切れ長の双眸が驚愕に大きく見開かれていく。 おそらく、これ...
葉川慎司

五本の指でペニスを包みこみ、やわらかに絞りあげるように擦ってもらった時、祐司はたちまち絶頂に達した

(瑞穂さんは、いつも優しく触ってくれた……) 五本の指でペニスを包みこみ、やわらかに絞りあげるように擦ってもらった時、祐司はたちまち絶頂に達した。 (あんなふうに触ればいいんだ。僕が気持ちよかったんだ。瑞穂さんだって気持ちよくなるはずだ……...
小鳥遊葵

伸ばした舌先が亀頭に絡まる。唾液が自然に湧き出て、舌の滑りをよくする

(いくわよ、健太くん……) 留美子は目の前の肉棒に無言で語りかけ、長い舌を出し、舌先をもう一度、肉棒の先端に押し付けた。 (ああ、久しぶりだからかしら。とても美味しい……。ううっ、味が濃いわ……) 無味のはずの先走り汁が殊のほか美味に感じら...
小鳥遊葵

健太の下肢が硬直する。フェラチオの知識ぐらいは当然あるはずだった。

すっと張りつめた肉棒の先っぽに惹き込まれそうになる。数センチ顔を近づければ肉棒に触れる。先端の小さな孔から雫が滴っていた。自然に舌が出る。舌先がカメレオンのように素早く動いた。丸く膨らみ、いまにも滴り落ちそうな雫を、留美子の舌が掬い取る。 ...