男性器(先走り)

御堂乱

いきり立つペニスを中ほどまで口に含むと、ソフィーは顔を振って夢中でフェラチオを開始した

「アアッ、ハアアッ……」 秘肉を深々とえぐられながら、ソフィーは舌を使った奉仕を続ける。裏筋の縫い目あたりを舌先でこそぐようにすると、兵士の長大な怒張は生き物のようにピクピクと跳ね、鈴口から熱いカウパーをこぼした。それを舌ですくいとるように...
早瀬真人

先ほどのキスで先走りの液が溢れ出ているのか、鈴口の当たる箇所にはすでに小さなシミが浮き出ていた

優香が後ろを振り返り、ベッドカバーを捲り上げると、我に返った慎吾は慌てて立ち上がり、シャツを脱ぎ捨て、ハーフパンツを一気に引き下ろした。 ブリーフの前部分は、すでに大きなマストを張っている。先ほどのキスで先走りの液が溢れ出ているのか、鈴口の...
但馬庸太

柔房は互いにぶつかりあって弾み、谷間は牡根の形にたわんだ

「気持ちいいですか?」 「ああ、いいぞ。ようやく本気になったか」 裕恵は女体を揺すり、斉藤の身体に押し付ける。双丘を交互に動かして、剛芯を擦った。 柔房は互いにぶつかりあって弾み、谷間は牡根の形にたわんだ。 (こんないやらしいこと、私がして...
早瀬真人

潤んだ瞳で訴える亜紀をまじまじと見つめながら、慎吾のペニスはすでにビンビンに屹立していた

「はぁぁン。ほんとはね、すぐには触らないで、内股とか鼠蹊部のほうから指を這わせて、焦らしてからすると快感が倍増するの。もちろん唇や舌も使ってね。でも……なんか私のほうが我慢できなくなっちゃったわ」 潤んだ瞳で訴える亜紀をまじまじと見つめなが...
早瀬真人

完全勃起の裏茎を指先がツツッと這うと、慎吾は思わず上半身を弓反らせた

恵美はそんな慎吾の様子を上目遣いで探りながら、焦らすようにゆっくりとペニスを撫で擦っていく。完全勃起の裏茎を指先がツツッと這うと、慎吾は思わず上半身を弓反らせた。腰が自然とくねり、荒い吐息が止まらない。 「ふふ、すごいわ。おチンチンがギンギ...
早瀬真人

右指で剛直の先端を揉みほぐされ、指先で雁首をツツッとなぞりあげられる

喜悦に打ち震えた次の瞬間、ビーチチェアーのサイドに垂れ下がっていた恵美の右手が、慎吾の剛直を優しく包み込んだ。 (あっ!!) 思いもよらない彼女の行動に、慎吾の指が宙に留まる。 恵美は微笑を浮かべ、いつの間にかくっきりとした瞳を爛々と輝かせ...
早瀬真人

ギンギンに反り勃った剛直はパンツを突き破り、今にも飛び出してきそうだった

「早く塗ってぇ」 「は、はい」 恵美の催促に慎吾は我に返ると、オイルを背中に滴らせ、手のひらで伸ばしながら淡雪のような肌に擦り込んでいった。 バックの紐は前面部と比べるとさらに細く、背中もほとんど剥き出しの状態だ。 慎吾は恵美の放つ扇情的な...
天海佑人

孝典はあらためて静恵の尻たぼを掴むと、ぐっと割り、そしてペニスの先端を尻の狭間に入れていった

孝典は静恵の双臀から顔を引いた。そして立ち上がる。なにもしないでいると、どうしたの、と双臀をこちらに向けたまま、静恵が振り向いた。 「あっ……いやっ」 すぐに美貌をそむけた。孝典は学生ズボンからペニスを出していたのだ。それは見事に反り返り、...
天海佑人

裏の筋に舌腹を押し付けてくる。と同時に、ペニスの根元をゆっくりとしごきはじめる。

ブロンド美女からすれば、孝典のペニスは小さいのでは、と危惧した。 エマは無言のまま、反り返ったペニスを白い指で掴んできた。 「ああ、硬いわ……すごく硬い……ダーリンのコックも……硬いけど……ああ、タカノリのコックも……ああ、硬いわ……日本人...
早瀬真人

白魚のような指が股間に伸びてくる。内から込み上げてくる性衝動が、海水パンツの中の怒張を苛烈に脈動させる。

(あぁ、見たい。見たいよぉ。おマ○コって、いったいどうなってるの?) まるで獲物を狙う獣のように、充血した目を光らせ、無意識のうちに手が太股へと伸びてしまう。 きめの細かい肌に手のひらを這わせると、全体がしっとりと湿っており、指に吸いついて...
天海佑人

孝典は、しゃぶってくださいよ、と言いながら、松前先生の奥さんの優美な頬に押しつけていく

おしゃぶりしてもらおう、と孝典は思った。すでに童貞は卒業し、ベロキスもしていたが、フェラはまだだった。そうだフェラだ。おしゃぶりだ。 孝典は裕美の目の前で、学生ズボンのジッパーを下げはじめた。 「い、いや……だめ……お、おち× ぽは……出さ...
早瀬真人

亜紀のヒップを凝視しながら、慎吾は屹立した股間を右手で弄った

亜紀のヒップを凝視しながら、慎吾は屹立した股間を右手で弄った。 甘美な快感が脊髄を走り抜け、射精願望に怒張がズキンと疼いてしまう。すでに鈴口からは、カウパー液まで溢れているようだ。 (やばいな。こんな状態で、もしエッチな展開になったら……)...
鮎川晃

指で長さを測ったり、握って太さを確かめる早苗が、ますます勇作を昂ぶらせる

「実物はもっと逞しいんですね?こんなに立派なおちん× ん、私、初めて……ちゃんと気持ちよくしてあげられるかしら?ちょっと心配になってきちゃった」 指で長さを測ったり、握って太さを確かめる早苗が、ますます勇作を昂ぶらせる。 「あ、あの、早苗さ...
天海佑人

両手を縛ったどす黒い縄が、タンクトップの胸元の上下に食い入っていく

裕美はリビングと隣の和室との境にある柱を背にして、立ったまま、後ろ手に縛りつけられていった。いつでも女を縛れるように、浩二たちは常に縄を持ち歩いているようだった。 両手を縛ったどす黒い縄が、タンクトップの胸元の上下に食い入っていく。 不良た...
葉川慎司

沙恵子はちらりと祐司を見あげ、亀頭をぱくりと口腔に含んだ

(ああ、すごい……) 祐司のペニスは天を指し示すように屹立していた。皮の剥けた亀頭の先端が真っ赤に染まり、尿道口から透明な前ぶれの露が溢れている。 瑞穂は人差し指で体液を掬い取ると、竿の裏側の筋に塗りつけていく。 「ああっ!はうぅ」 祐司の...
北都凛

無我夢中で亀頭に唇をかぶせて、一気に根元まで呑みこんでいく

仕切りのカーテンを閉めた途端、そこは子供服売り場から隔離された二人きりの妖しい空間へと変貌する。 「あ……神谷……さん……」 肩を押さえつけられた綾乃は、力なくその場にひざまずく。 そして目の前に突きつけられたスラックスの股間を見つめて、思...
葉川慎司

ペニスの大きさをチェックするように、右手の五本の指を巻きつけ、握ったり離したりする

「恥ずかしがらないで。こんなに大きくなってるわ」 パンツを太腿まで引き下げる。下腹を打つように反り返った男根が露わになる。昨日より、一回りくらい大きく感じる。 「ああっ。そんなに見つめないでよ」 祐司は両手でペニスを隠してしまう。まだ自分に...
空蝉

見下ろす形で眺めるHカップの双乳は、より一層肉厚に、たわむ様が巨大な瓜のように見えた

「わ、私も。こんなに間近で見るの、初めてですけど……その」 「グロい、ですか?」 乳の谷間から顔を出すたび、亀頭に美幸の視線が注ぐ事には気づいていた。自ずから腰を押し出して近づければ、彼女の唇から漏れ出た熱い吐息がたっぷりと亀頭に吹きかかり...
空蝉

羞恥と情欲に火照る美貌で覗き込み、彼女の指がニギニギとペニスの幹に柔い刺激を加えてくる

青年の感嘆の呟きによって、初めてショーツの湿りに気づいた当人が、また腰をくねらせた。摩擦を浴びて喜悦に震える肉棒は、彼女の手に握られたまま。 「あ、あ……っ。今の、気持ちいい」 「……男の人の、お、おちんちんって、とっても敏感なんですね」 ...
空蝉

赤熱する亀頭をさすった彼女の腰も歓喜にくねり、賢太の腿にすがり付く

「俺、俺もっ。美幸さんと一緒によくなりたい……!」 トランクスも膝下までずり下ろし、剥き出したばかりの肉棒を改めて美幸の手の平に擦り付ける。 「ふ、ぁ……っ。凄い……脈打って、火傷しそうなくらい熱い……」 赤熱する亀頭をさすった彼女の腰も歓...