留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ

(お、大っきい……。うううっ、口に入りきらない……。でも……)
留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ。肉棒が没して、新たな刺激を加えられると、一気に容積が増した。
「あああーーーーっ。る、留美子さん……ぼ、僕、も、もう……」
健太の腰が小刻みに震えた。両足の筋肉が盛り上がる。
(来るのね、健太くん……。凄いミルクを、あなたはこの私のお口の中に、注ぎ込もうとしているのね)
そんなことを想像し、ますます股間を濡らす留美子は、健太の指に髪を掻き毟られながら、もうすぐ放たれるはずの若い精ミルクを舌で受けようと、神経を目の前の肉棒に集中させる。
「あはっ、で、出るよ。留美子さん……」
声と同時だった。健太は一際尻を激しく振ると、喉奥にまで肉棒を突き刺したままに、若い種汁を放ちはじめていた。
(ひぃぃぃーーーっ、凄い……。あああ、口の中に、健太くんの精液が、あああ、溢れる……)
肉棒の先端の孔が大きく開き、礫のような勢いの若い精ミルクが、大きく開いて健太の肉棒を咥えている口内に注がれはじめた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。