目の前で体を妖しくくねらせて踊る、熟女たちのそれぞれの股間の割れ目

(ああ、僕って意志薄弱だな……。こんなに艶めかしいおばさんたちを見ると、どうしてもち×ぽが反応してしまう)
それは留美子によって、女の味を熟知させられた後だけに当然のことではあった。目の前で体を妖しくくねらせて踊る、熟女たちのそれぞれの股間の割れ目を想像するだけで、短パンに擦れて痛いほどに、肉棒は勃起していた。そのときだった。
「あっ、な、何を……」
後方から、いきなり勃起した肉棒を握られて、驚いて振り向く。
「そんなに驚かないで。みんなに気づかれるでしょう……」
咲枝が艶然と微笑み、体にシナをつくりながら立っていた。咲枝の手はすでに健太の股間から離れていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。