ふわん、と頬の両脇に柔らかくすべすべとした物体が押し付けられる

ちえりは両手を万歳して広げると、そのまま勢いをつけて宣英に抱きついてきた。ふわん、と頬の両脇に柔らかくすべすべとした物体が押し付けられる。ぷりぷりっと張りがあり、かつ、どこまででも沈み込んでしまいそうに柔らかい感触。これは──。先ほどまで、〝挟んでみたい〟などと不埒なことを考えていたおっぱいに顔がすっぽりと包み込まれてしまっていた。温かでふわっふわの乳肉からは、さっきよりも濃厚なココナッツの匂いが漂ってくる。蕩けそうなその柔らかみは、自在に変形して宣英の顔に張り付くようだ。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!