咲枝はボディソープを手のひらに垂らし、泡立てると、健太の体に塗り始める

「ああ、素敵……。あなたはきっとモテるわ……。いくら蓮っ葉なあたしでも、寝たい男の条件は、口が堅いこと……。あなたはその点でも合格……。それに、あああ、お魔羅も、こんなに硬いなんて……」
シャワーの下に二人で立つ。たわわな乳房が重そうに揺れていた。
「あたしが洗ってあげる」
咲枝はボディソープを手のひらに垂らし、泡立てると、健太の体に塗り始める。揉み解すような咲枝の手の動きに陶然となる。
「それにしても、凄いわぁ。健太ちゃんのお魔羅、まったく萎える気配もない……」
「そ、それは、咲枝さんが魅力的だからです」
「まぁ、こんなおばさんを嬉しがらせて……。女泣かせね、健太ちゃんは……。あたし、夢中になりそうよ」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。