ミルクを舐める子猫のようにカリ首の付け根をちろちろっと舐め上げた

美波は舌べろを伸ばすと、ミルクを舐める子猫のようにカリ首の付け根をちろちろっと舐め上げた。みっちりと快感神経の集中した筋を、熱い粘膜が撫で上げて背筋に愉悦が迸る。最初はぺろぺろとただ舐め上げるだけだった美波だが、カウパー液に含まれる牡フェロモンに劣情を刺激されたのか、次第にその舌先の動きに熱がこもってきた。ねっとり丁寧に、少しざらついた舌表面を押し付けるように、亀頭のクビレを嬲られると、うっとりと蕩けそうに気持ちがいい。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!