ふふっ。いけない祐司さん。こんなに大きくなってますよ

葉川慎司

「そうですよ。わたしを守ってくださいね」
瑞穂は祐司の手を軽く握ると、その手を股間に伸ばしてきた。ズボンのファスナーを摘み、引き下ろしていく。ブリーフを持ちあげるように昂りがこぼれでた。
「み、瑞穂さん……」
「静かに」
ブリーフの前を掻き分け、肉棒を引っ張り出す。十五センチほどの若竿はすでに屹立し、興奮に真っ赤に染まった亀頭が三分の二以上露わになっていた。
「ふふっ。いけない祐司さん。こんなに大きくなってますよ」
瑞穂は悪戯っぽく唇をほころばせた。半身を折り、顔を股間に近づけてくる。祐司は両目を見開き、家政婦の口元を見つめた。
ふっくらした唇が開き、ピンクの舌が覗く。瑞穂はやわらかな舌先で、亀頭の鈴口をちろちろと舐めた。
「はぅっ!」
大きな官能の声をもらしそうになり、祐司は慌てて両手で口元を押さえる。瑞穂は祐司の顔を見あげ、『そうですよ』と言うように小さく頷いた。
(嘘みたいだ。沙恵子さんがすぐそばにいるのに……)

出典:~僕の家に来た美しすぎる家政婦 (フランス書院文庫)

著者: 葉川慎司

掃除中にのぞける白い太腿、36歳の悩ましい腰まわり……エプロンでは隠しきれないむっちり女体の家政婦・瑞穂。まさか彼女が、僕の初体験相手になってくれるなんて!濃厚キッス、お掃除フェラに、ご奉仕バスルーム……「してほしいことがあったら何でも言ってくださいね」どんな淫らな願いも叶えてくれる最高すぎる家政婦!

タイトルとURLをコピーしました