思い切った様子で宣英の陰茎裏の根元にぺとりと当てる

強張りきってぐぐぐと天を向いたペニスの前に跪いた、ふたりの美少女の姿にごくりと喉が鳴り、期待にペニスがびくんと揺れた。美波は決意を固めたようにひとつ頷くと、ちえりに言われるがまま、唇から桜色の舌をはみ出させた。間近で見るには、まだ照れが付きまとうのか、ペニスから視線をそらして瞼を伏せたままそろそろと顔を近づけると、思い切った様子で宣英の陰茎裏の根元にぺとりと当てる。美波の舌は柔らかで、ぬるぬると湿っていて温かだった。濡れた粘膜がふわっと裏スジをくすぐり、まるで電流が奔ったかのように身体が痺れる。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!