早熟な幼馴染に指示される通りに、舌をそろそろと動かしていく

初心な少女は、早熟な幼馴染に指示される通りに、舌をそろそろと動かしていく。ちえりに比べれば、決して慣れているとは言いがたいたどたどしい舌遣いだが、しかし、素朴な少女の柔らかな舌の感触は、技巧など必要ないほどに心地よかった。