水着(描写)

早瀬真人

亜紀は妖しい笑みを浮かべ、今度は身体を反転させると、がっしりとしたヒップを見せつけた

(あぁ。すごい。なんてエッチなビキニなんだ) 慎吾は惚けた顔つきで、亜紀のセクシー水着を凝視した。 ふっくらとしたバストの稜線も目を惹くが、やはりパンと張った腰回りと股間に視線がいってしまう。 サイドの紐がもっちりとした柔肉に喰い込む様も、...
天海佑人

肛門から美貌を引いた益岡先生の妻が、娘がしゃぶっている真横で、四つん這いの形をとって、スクール水着が貼りつく双臀を差し上げてきた

「ち× ぽ、穴に入れたくなってきました。ああ、どの穴に入れようかな」 「静恵にください」 肛門から美貌を引いた益岡先生の妻が、娘がしゃぶっている真横で、四つん這いの形をとって、スクール水着が貼りつく双臀を差し上げてきた。それを見た愛菜も、母...
早瀬真人

亜紀の着用していたものは下着ではなく、海の家で目にしていた水着よりも布地面積の少ない、超ハイレグの白ビキニだった

慎吾がドギマギしていると、亜紀はすっくと立ち上がり、ナイトガウンを素早く脱ぎ捨てる。その下に隠されていた肢体を見た瞬間、慎吾は目を大きく見開いた。 亜紀の着用していたものは下着ではなく、海の家で目にしていた水着よりも布地面積の少ない、超ハイ...
天海佑人

なんて眺めなのか。スクール水着姿の美貌の母と娘が、孝典のち× ぽの前で、舌をからめあっているのだ。

実際すぐに、また愛菜の唇から口を引き、静恵と唇を重ねる。すると、愛菜が孝典の股間に美貌を寄せてきた。我慢汁だらけにさせている鎌首をねっとりと舐めてくる。 「う、うう……」 孝典は、ああっ、と声をあげていた。母親と舌をからませているため、うめ...
早瀬真人

目の先、わずか三十センチ。優香のビキニの中心部が凄まじい迫力で迫ってくる。

幼い頃に溺れた体験から、水に対する恐怖心はどうしても拭えない。それでも慎吾は意を決し、水中で両目を開けてみた。 身体は少しずつ前へ前へと進んでおり、優香もそれに合わせるようにゆっくりと後ずさっていく。 (大丈夫だ。目も痛くないし、ちゃんと見...
天海佑人

美貌の母と娘が、どちらもスクール水着を着て、孝典の足元にひざまずき、舌を伸ばしてきているのだ

「愛菜、二階に上がっていて」 静恵がそう言うものの、愛菜はかぶりを振る。はやく二階に、と言いつつ、母親がブリーフを下げる。すると、すうっと通った小鼻を弾くように、孝典のペニスがあらわれた。 松前先生の奥さんのおま× こに中出しして、ここに来...
早瀬真人

昼間のワンピース水着もよかったが、やはり露出度の高いビキニは見栄えが違う

「プールがあるんだし、せっかくだから泳ごうよ」 そう言いながら、優香は突然立ち上がり、自らワンピースを脱ぎ捨てていった。 水着を着用していたのは、最初から慎吾をプールに誘う目論見があったのかもしれない。 (弱ったな。てっきり、プールサイドで...
天海佑人

孝典は美しい母と娘の恥丘を、スクール水着越しに撫でる

「わかったよ。奥さんはこのまま夕飯の支度を続けられてください」 そう言うと、その場でスクール水着が貼りつく、愛菜の股間に手を伸ばしていった。スクール水着越しに、美少女の恥丘を撫でる。 だめっ、と言ったのは母親だった。 「娘にはなにもしないで...
天海佑人

スクール水着が貼りつく恥部から、シオが噴き出した

孝典は愛菜のスクール水着姿を見つつ、その母親の媚肉の天井のざらざらした部分を、激しくこすっていく。 「あ、ああっ……変、変な感じなのっ……ああ、ああ、なにか……なにか出そうっ」 「どうしたの、ママっ」 「ああ、ああっ……出る、出るっ……なに...
天海佑人

紺のスクール水着。同じものを母と娘が着て、並んで立っている。

「これは、すごい」 孝典の声に、静恵も首をねじって、横を向く。 「愛菜……」 益岡先生の娘はスクール水着に着替えていた。さすが現役の女子高生だけあって、紺のスクール水着がとても似合っていた。 高くふくらんでいるバストラインが、なんともそそる...
天海佑人

愛菜の声が聞こえた瞬間、その母親の尻の穴は万力のように締まっていた

益岡先生の妻はつらそうな表情を浮かべつつも、孝典にスクール水着姿で料理を続ける動画を撮らせた。 今夜は肉じゃがのようだった。 「煮込んでいる間、尻の穴の調教をしましょう」 尻たぼに貼りつくスクール水着を脇にやり、尻の狭間に指を入れていく。 ...
天海佑人

あまりにそそる眺めで、孝典は思わず手を伸ばし、スクール水着の上から乳首を摘まんでいた。そのまま、軽めにひねる

「夕飯の支度の途中だったのでしょう、奥さん」 「え、ええ……」 正面に向き直り、静恵がうなずく。乳首がさらにとがったのか、ぽつぽつが露骨に浮き上がっている。 あまりにそそる眺めで、孝典は思わず手を伸ばし、スクール水着の上から乳首を摘まんでい...
早瀬真人

ヒップを包み込む水着はかなり丈が短いようで、左右の腰骨の中途あたりに留まっているのだが、ウエストラインの中央部が微かに浮き上がり、悩殺的とも言える暗がりに、つい視線を注いでしまう

慎吾は一瞬にして、優香の水着姿を瞼の裏に焼きつけた。 目に映えるような真っ赤なビキニは、胸のあたりにリボンをあしらっており、バストの谷間もくっきりと露にさせている。 贅肉のいっさいない、緩やかな曲線を描く腹部のなんと滑らかなことだろう。細長...
天海佑人

静恵がくなくなと臀部をくねらせつつ、双臀に貼りついているスクール水着の端を下げて、できるだけ尻たぼを隠そうとする

生まれたままの姿になった益岡先生の妻が、改めてスクール水着に足を通していく。 ぴたっと恥丘に水着が貼りつく。ハイレグではないが、サポーター無しの直穿きゆえに、股間がエロい。 サイズは愛菜と同じものだった。女として熟れているぶん、スクール水着...
早瀬真人

形のいいバストを下から包み込んでいる赤い布地は、紛れもなく水着に違いなかった

ぷるるんと、白い乳房の揺らぎが目に飛び込んでくる。形のいいバストを下から包み込んでいる赤い布地は、紛れもなく水着に違いなかった。 (ゆ、優香先生のビキニ姿だ!) 湯上がりのためか、ムンムンとした熱気とボディーシャンプーの甘い芳香が漂ってくる...
天海佑人

競泳水着が貼りつくヒップが、すらりと長い足を運ぶたびに、くりっくりっとうねる眺めに、孝典は釘づけになる

孝典は慎重に二人の後を尾けた。スーパーを出た愛菜は、商店街から裏通りへと向かう。その後を、中年男性が追っていく。 裏通りにはひと気がなかった。缶コーヒーの自販機の前で立ち止まった愛菜が、制服のスカートの裾に手を掛けた。そして、たくしあげはじ...
早瀬真人

細い眉と猫の目のようにクリッとした瞳、そしてふっくらと盛り上がったバスト、がっしりとした腰回りと長い足が野性的な魅力を放っていた

黒いビキニを着た女性は背が百七十センチ近くあり、セミショートのややブラウン色の髪型と小麦色に焼けた肌が女豹のような印象を与える。 細い眉と猫の目のようにクリッとした瞳、そしてふっくらと盛り上がったバスト、がっしりとした腰回りと長い足が野性的...
庵乃音人

スク水の布の感触と、そのなかで息づく豊満なおっぱいの柔らかさを今度は胸板に感じ、一気に体熱が上昇する

夏海は熱烈に、貴史の身体を掻き抱いた。スク水の布の感触と、そのなかで息づく豊満なおっぱいの柔らかさを今度は胸板に感じ、一気に体熱が上昇する。 「な、夏海ちゃん……あっ……」 「貴史……貴史の馬鹿……んっ……」 言いながら、狂おしい勢いで唇を...
庵乃音人

スク水越しに、柔らかな乳房がぐにゃりとつぶれるのが分かった

「ねえ、さっきの話だけどさ。あっ──」 驚いて息を飲んだ。いきなり夏海が背後から抱きついてきたのである。 スク水越しに、柔らかな乳房がぐにゃりとつぶれるのが分かった。
庵乃音人

東京オリンピックまで公式水着として採用されていたとかいう、レトロながらもかえって今どきの水着よりそそられる「旧タイプ」の水着

少し照れたような顔をした夏海は、濃紺の水着に身を包んでいた。 (ス、スク水!しかも……) 当世、あまり東京では見かけないタイプのスクール水着だった。友人のスク水マニアが聞いてもいないのに夢中になって解説してくれたことを思い出す。 東京オリン...