わたしのおっぱいもずいぶん大きくなったのよ。パイズリしてあげましょうか?

「わたしのおっぱいもずいぶん大きくなったのよ。パイズリしてあげましょうか?」
彩香が甘い口調で囁く。佑二は首肯した。彩香がソファーから立ち上がり、佑二の足元にひざまずいた。胸の膨らみを突き立った陰茎の上に被せてくる。ワンピース水着は、ちょうど乳房の下辺りにくりぬかれた穴があった。そこにペニスの先端を差し入れると、双乳の谷間に肉棹はすっぽりくるまれることになる。
「あ、ああっ」
ローション液で濡れた勃起が、なめらかな胸肌と擦れて、胸肉の間に埋まっていく。やわらかな肉圧で包み込まれる極上の心地に、佑二は快楽の喘ぎをこぼした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!