亀頭を撫で、竿をさすり、玉を包み込む

理由を説明した女子大生は、今度は指で〝仲直り〟を求めてくる。指先を、すっ、と動かし、玉から亀頭の先までを撫であげたのだ。触れるか触れないかのぎりぎりという愛撫は、雅也の全身に電流を走らせた。すると詩織は指を逆方向に動かし、今度はペニスを、撫で〝下げ〟た。謝罪しながら、詩織は指を自由自在に動かす。亀頭を撫で、竿をさすり、玉を包み込む──だが、指は微妙な距離を保ち、決して雅也を絶頂へとは導かない。しおらしく謝る姿はM的なのだが、焦らしまくる愛撫はS的ともいえる。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。