瑞穂は、祐司の前にひざまずくよう促すと、ブリーフ越しに肉竿をしごきはじめた

葉川慎司

左手で瑞穂の乳房を揉みながら、右手を祐司の股間に伸ばす。ジーパンのふくらみは、先ほどより大きく硬くなっているようだった。
ファスナーに指をかけ、引き下ろす。ブリーフと一緒に、肉棒のふくらみがこぼれでてきた。
「奥様、祐司さんを可愛がってあげてください」
瑞穂は、祐司の前にひざまずくよう促すと、ブリーフ越しに肉竿をしごきはじめた。
「あっ。くっ。はうぅ」
キスと手淫だけで絶頂に達してしまうのではないか。そう思えるほど祐司は敏感に反応し、湿った吐息をもらしていた。
瑞穂と一緒に祐司を絶頂に導きたい。そう思いながらも、瑞穂より祐司を感じさせたいという思いも強くなる。
(あああ、私、どうかしてる……)
羞恥の思いが身体を熱くさせる。沙恵子は性の熱に浮かされているように、両手を伸ばし瑞穂とともに祐司の肉竿をいじりはじめる。
「ああっ。んっ、はふぅ」
二人の指が、同時にブリーフを持ちあげるふくらみにからむ。竿をしごきあげている瑞穂に対し、沙恵子はふくらみの頂上の部分を、捏ねるように撫でた。
指先に感じるペニスの熱が、さらに熱く昂ぶってきているのがわかる。瑞穂の指がブリーフの前から忍び、なかから猛る若竿を引っ張り出した。

出典:~僕の家に来た美しすぎる家政婦 (フランス書院文庫)

著者: 葉川慎司

掃除中にのぞける白い太腿、36歳の悩ましい腰まわり……エプロンでは隠しきれないむっちり女体の家政婦・瑞穂。まさか彼女が、僕の初体験相手になってくれるなんて!濃厚キッス、お掃除フェラに、ご奉仕バスルーム……「してほしいことがあったら何でも言ってくださいね」どんな淫らな願いも叶えてくれる最高すぎる家政婦!