だ・男性器(弄る)

早瀬真人

白魚のような指先が股間に触れ、慎吾は慌てふためいたものの、優香は強引にパンツを下ろしていった

「あ、優香先生。ちょっと!困ります」 ハーフパンツのホックを外され、チャックが引き下ろされる。白魚のような指先が股間に触れ、慎吾は慌てふためいたものの、優香は強引にパンツを下ろしていった。 「あら?」 「ひゃあ~っ」 薄紫色のブリーフが露に...
鮎川晃

言いながら奈津子は、勇作のブリーフを脱がせてしまうと、軽く仰向けになった腹に、寝そべっている屹立にそって、ゆっくり指を滑らせていく

「そう言ってくれるのは嬉しいけど、あなたは、今の私の裸を見たことがないでしょ?……前より綺麗だなんてあり得ないわ」 言いながら奈津子は、勇作のブリーフを脱がせてしまうと、軽く仰向けになった腹に、寝そべっている屹立にそって、ゆっくり指を滑らせ...
天海佑人

そして、すぐさま、唇が鎌首の付け根近くまで引き上げられ、そしてまた、根元近くまで呑み込まれる

「ああ……ああ……エマ先生……」 あらたな先走りの汁がどろりと出てくる。するとエマは舐めるのではなく、指先をからめはじめた。そしてねっとりとさせた指先で、鎌首全体を撫ではじめた。 「あっ、それっ……ああ、それっ……」 一番敏感なところをねっ...
鮎川晃

指で長さを測ったり、握って太さを確かめる早苗が、ますます勇作を昂ぶらせる

「実物はもっと逞しいんですね?こんなに立派なおちん× ん、私、初めて……ちゃんと気持ちよくしてあげられるかしら?ちょっと心配になってきちゃった」 指で長さを測ったり、握って太さを確かめる早苗が、ますます勇作を昂ぶらせる。 「あ、あの、早苗さ...
鮎川晃

勃起をしごきながら勇作を恵子が見上げて言った

「あぁ、すごいわ。離れていても熱が伝わってきます……はあ……ふう……こんなに逞しくなさって……あぁ、なんて男らしいんでしょう……」 剥き出しの勃起を目にして、恵子の瞳に潤みが増してる。切なげな、それでいてどこか嬉しげな表情で、勇作をじっと見...
葉川慎司

沙恵子はちらりと祐司を見あげ、亀頭をぱくりと口腔に含んだ

(ああ、すごい……) 祐司のペニスは天を指し示すように屹立していた。皮の剥けた亀頭の先端が真っ赤に染まり、尿道口から透明な前ぶれの露が溢れている。 瑞穂は人差し指で体液を掬い取ると、竿の裏側の筋に塗りつけていく。 「ああっ!はうぅ」 祐司の...
葉川慎司

沙恵子は瑞穂の愛撫に身を預けながら、右手を祐司の股間に滑らせた

(私、なんてことをしているの……) 自分にこんな大胆な一面があったなど、想像したこともなかった。自ら舌を差しだし、祐司の口腔に滑らせる。二人の舌が蛇のようにくねり、絡みあう。 (罪を犯すのが、こんなに気持ちいいなんて……) 沙恵子は瑞穂の愛...
空蝉

感激して二度三度扱けば、張り詰めた幹に青筋が浮かび、亀頭に新たな先走りのツユが浮く

(まだ、駄目。先に、賢太さんを気持ちよくさせたいの) 震える手で、トランクスの前ボタンを外す。 「うぁ……あ、っ、美幸っ、さん……」 小便用に設けられた窓口から潜入した美幸の手に掴まれて、賢太の腰が跳ねた。 揉んで確かめると、幹の硬直ぶりと...
葉川慎司

五本の指で股間のふくらみ全体を撫でながら、指の腹でペニスの裏筋のあたりをなぞっている

「すぐじゃなくてもいいから。ねっ。これからは、おかあさんにして?おかあさん、頑張るから」 沙恵子は右手を伸ばし、祐司の股間に触れる。指先をかすかに触れさせる、優しいタッチだった。五本の指で股間のふくらみ全体を撫でながら、指の腹でペニスの裏筋...
葉川慎司

ベビードールの裾から今にも覗き見えそうな黒いパンティには、恥ずかしいシミができているだろう

(祐司くんがこんな顔をするなんて……) じわっと身体が熱くなる。全身の熱がゆっくり、股間の恥所に集まってきているような気がした。ベビードールの裾から今にも覗き見えそうな黒いパンティには、恥ずかしいシミができているだろう。 (私、感じてきてる...
空蝉

その間ずっと握られたままでいた肉棒の切っ先を、よしよしと、まるで子供の頭でも撫でるように指腹で擦られて、また。

「ズボンとパンツ脱がすから、腰、もっかい持ち上げて」 握られた肉の棒と、握る手指とが、尻を上げる際の微細な振動で擦れ合う。雁首に刺激を受ける都度、腰の芯に鋭い悦の痺れが突き抜ける。 茹だるような熱に浮かされて、言われるがまま尻が浮いたのを見...
空蝉

ガチガチに張り詰める肉棒の丸みを帯びた突端から、早くもカウパー液が染み漏れていた。それを見て、朱里がまた顔を綻ばせる。

「ふふ。泣き虫だった賢坊が、随分成長したもんだなーって、感心しちゃった。なかなかいいモノ持ってるよ、うん。これなら管理人さんの前に出しても大丈夫」 コレよコレの事、と肉棒の幹をくすぐられ、否応なしに嬌声をこぼれさせられる。 ガチガチに張り詰...
葉川慎司

指を巻きつけるように、タオル越しに肉棒を握ってくる

下腹部にもやもやとした感覚が広がっていく。タオルで隠された肉竿が、血液を溜めこみふくらんできているのがわかる。 (思ってることを、口にしていいのかな?……) 胸の高鳴りを覚えながら、瑞穂の目を見つめる。家政婦はなにもかも包みこんでくれるよう...
小鳥遊葵

ママ、舌で、お魔羅、綺麗にしてあげようかしら

由美が強く健太の顔を胸に引き寄せると、目覚めたらしく、健太の舌が由美のいやらしく屹立している乳首を再び弄いはじめていた。 「ああん、健太ちゃん……。このまま寝ていいのよ。あ、このままじゃいけないわね。一度シャワー浴びて、汚れたココ、洗わなけ...
小鳥遊葵

ずっとあたしのおっぱいや太ももを見て、おちん×ん、ぱんぱんに勃起させているんだもの……

「うふっ、あなたって、わりと素敵ね。その口が堅いところ、好きよ」 「あっ、な、何、するんだよ」 いきなり股間に触られて、うろたえた。香蓮の目が艶めかしくなっていた。 「何、こんなに勃起させて、怒っているのよ。バカ、みたい……」 その指摘に反...
小鳥遊葵

咲枝の手の動きは的確だった、いきり勃つ肉棒にすっと触れてくる

「後で、ここで泳ぎましょう。海水で味付けしたあなたのお魔羅、あたし、しゃぶってみたいの……」 「そんなこと言われたら、僕……」 「ふふっ、まだ勃起したままなのね……」 顔もはっきりとは見えないほどの暗さの中で、渚に打ち寄せる波の白さだけが闇...
小鳥遊葵

一方の手で鋭角にそそり勃つ肉棒を扱きながら、一方の手が淫嚢を擦る

「ああん、どうしよう。あたし、こんな凄いのを見ていたら、もうたまらない……」 「あぅっ、咲枝さん……ソープまみれの手で、そんなに扱かれたら、ぼ、僕……」 咲枝のソープの泡だらけの手が、肉棒に纏わりつく。健太の顔を見上げながら、咲枝はうっとり...
北條拓人

我慢汁とボディソープでぐちょぐちょになった亀頭部分を、軽く握りしめられたり、親指や人差し指が繊細な指使いできゅきゅっと表面を擦ったりする

我慢汁とボディソープでぐちょぐちょになった亀頭部分を、軽く握りしめられたり、親指や人差し指が繊細な指使いできゅきゅっと表面を擦ったりする。 ずぎゅんと背筋に快感電流が駆け抜け、びくんとお腹の筋肉を収縮させる。 「本当に堅くって、熱いです……...
北條拓人

同時に、人差し指と中指が繊細に蠢き、鈴口のあたりや裏筋を刺激された

「こんなにビクンビクンさせちゃって。相当感じているみたいね」 親指が、なおもカリ首を擦ってくる。同時に、人差し指と中指が繊細に蠢き、鈴口のあたりや裏筋を刺激された。
北條拓人

陰茎に絡みついていた手指が、ふんわりと亀頭部分を包み込んだ

陰茎に絡みついていた手指が、ふんわりと亀頭部分を包み込んだ。親指の先でカリ首部分を甘く擦られるのだ。それに伴い、やるせないような微電流が背筋に通りっぱなしとなった。 「み、深佳さん。それダメっ……僕、気持ちよくなっちゃいます」