快感に酔いしれた詩織は甘い口調で囁くとヒップを動かした

快感に酔いしれた詩織は甘い口調で囁くとヒップを動かした。すると、普通ならパンティのクロッチにあたる部分が雅也の視界に飛びこんできた。クロッチとは女性の秘部を覆い包む場所だ。女性がヴァギナを濡らせば染みができる部分になるわけだが、詩織のGストリングスなら、そんなことが起こるはずもなかった。生地が紐に過ぎないからだ。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。