恥ずかしげな笑みを浮かべつつも、加南子はクルリと身を翻し、ヒップのよそおいを見せつけた

あんぐり口を開いたまま、言葉を失ってしまった息子に恥ずかしげな笑みを浮かべつつも、加南子はクルリと身を翻し、ヒップのよそおいを見せつけた。
「うわぁ……」
ひときわ過激な有様に、思わず感嘆の溜め息をもらす。
サイズが小さすぎたこともあり、後ろ身頃はTバックより過激なGストリングスに、一本の紐状になっていた。豊麗な尻肉に咥えこまれて、布のほとんどが隠れてしまい、遠くから眺めれば腰に細いベルトを巻いているだけのようにも見える。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。