ほんの少し入れていくたびに、加奈子のヒップは、ぴくん、ぴくん、と小刻みに震える

ゆっくり、ゆっくり、と心に念じながら、雅也は指を動かす。ほんの少し入れていくたびに、加奈子のヒップは、ぴくん、ぴくん、と小刻みに震える。それが気持ちよさを現しているのか、恐怖や痛みを伝えているのか、雅也には判断ができない。ただ、本当に無理な場合は、フェラを中断して訴えてくるだろうとは思っていた。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。