高々持ち上がる牝尻が悩ましげに振れ、乞いねだる

ごつごつの手指に尻谷の内肉がくすぐられた。直後に、ギュッと引き締まった汁だくの腸肉が蠕動し、彼の指を舐り上げる。排泄のための穴に轟く喜悦の理由を「キスをされないため」と誤魔化し、受け容れた。頷き俯く顔の角度に反比例して、高々持ち上がる牝尻が悩ましげに振れ、乞いねだる。穿り広げられるまでもなく緩み開いた菊門が、より深い律動を促すように堂本の指を巻き込み、収縮した。指腹で掻かれ粘りながら泡立った腸液を、蠢く腸がポンプの要領でひりだした。
「はひゃっ、やぁぁっ、ひぐゥンンぅぅぅ……ッ!」
ひっきりなしに漏れ響く、甲高く引き攣った女の鳴き声と、粘着質な水音。時折混じる、卑しき放屁。数多の猥褻な調べに乗せられたように、拡張と躾を施される二つの穴の内部に蓄積していた白熱のマグマが迫り上がる。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!