尻(谷間)

早瀬真人

何を思ったのか、優香は慎吾と机の前に身体を滑り込ませると、そのまま膝の上に腰を落としはじめたのである

「いいわ。私が手取り足取り教えてあげるから」 そう言いながら、ふくよかなバストを慎吾の二の腕にキュッと押しつけてくる。 「あ、先生。そんな!?」 びっくりした慎吾は思わず椅子ごと後ずさったが、その直後、さらなる驚愕の出来事が起こった。 何を...
鮎川晃

ぐぢゅぐぢゃみぢょおっ!……と、長さいっぱいに濡れ音を立てながら、ち× ぽに深々貫かれ、たまらず奈津子が背中を反らす

「あぁ!や、やっとまた入れられる!奈津子さんっ、おま× こするよ?いいよね?」 清拭と呼ぶには、あまりに濃厚で甘い手管のせいで、勇作はもう焦れに焦れていたから、奈津子を強引に抱き寄せるや、背後に回って一気に貫く。 「あひいん!そ、そんないき...
鮎川晃

ぱっくり開いたおま× こに、無数に血管を浮かせた男根が、気持ちよさげに出入りをしている

最初は怒ったようだった奈津子は、最後には甘えた表情になって、勇作の胸にしなだれかかってくる。再び勇作を求めながら、男の乳首を舐め回す。 勇作もすぐに求めに応える。 「あぁ、その舐め方、すごく気持ちいいです……」 眼前に広がる、汗まみれの背中...
鮎川晃

汗で濡れた純白尻の割れ目に、ぬめり光った剛直がゆっくり沈んでいくのを勇作は見ている

麻里亜は運転席のドアに手を突くと、魅惑の尻を勇作に向けた。会話で少し萎んだ勇作を後ろ手にしごきながら、濡れた女に誘っていく。誘われるままに勇作が突き出す。いとも容易く受け入れられた。二人の腰が、さらなる愛を求め合う。 「あぁ、ま× こにち×...
天海佑人

尻の狭間の深い谷底で息づくアナルは、夫の教え子を誘うようにひくひくとした収縮を見せている

「エロいヒップですね、エマ先生」 と孝典は簡易ベッドの上で突き出されたブロンド美女の尻たぼを、そろりと撫でる。エクスタシーを迎えても、ローターの刺激を受け続けているエマが、ぶるぶるとヒップを震わせる。 孝典も簡易ベッドに上がった。みしっと軋...
天海佑人

尻たぼに手を掛け、開いていく。すると深い谷底に、ひっそりとブロンド美女のアナルが息づいていた。

孝典は慎重にエマの身体をひっくり返す。前をはだけさせたワンピース姿のエマからは、エキゾティックな香りが放たれ続けている。それが、ずっと孝典の鼻孔から入り、股間だけでなく、脳まで刺激し続けていた。 ワンピースの裾をたくしあげていく。すると、エ...
鮎川晃

動きやすいようにと、伸縮性に富んだ素材のズボンを早苗は穿いているから、尻輪郭はもちろん、割れ目までくっきり浮かんでいる

バスルームの床を拭いている早苗の尻を見つめながら、勇作はそっと溜め息をこぼす。動きやすいようにと、伸縮性に富んだ素材のズボンを早苗は穿いているから、尻輪郭はもちろん、割れ目までくっきり浮かんでいる。 仕事柄、早苗の化粧はあまり濃くないし、お...
結城彩雨

浣腸と排泄の直後とあって、夏子の肛門は腫れぼったくふくれ、まだ怯えているかのようにヒクヒクとふるえていた

浴室へ夏子は連れこまれると、後ろ手に縛られた裸身をバスマットの上にひざまずかされた。そのまま上体を前へ押し伏せられ、双臀を高くもたげさせられた。 浣腸と排泄がよほどこたえたのだろう、夏子は打ちのめされたようにシクシク泣きながら、されるがまま...
空蝉

浮いた尻肉を捕まえ揉み捏ねる傍ら、鼻先でベッドシーツに押し戻す

(意地っ張りな所は、さすが姉妹。そっくりだ) けれどそこが堪らなく愛おしい。溢れた親愛の情を糧に、さらに賢太が攻め上がる。 浮いた尻肉を捕まえ揉み捏ねる傍ら、鼻先でベッドシーツに押し戻す。互いの汗が染みて皺の寄ったストッキングを、指で尻の谷...
結城彩雨

女の肛門がこんなにも美しいとは思ってもみなかった

男たちがどこを見ているか、夏子には痛いまでにわかった。そこが火のように灼け、熱が身体中にひろがっていく。 「そんなところを、いやッ……み、見ないでッ、いやですッ」 夏子は我れを忘れて泣き叫び、ガタガタと腰を揺さぶりたてた。 だが、夏子は後ろ...
葉川慎司

お尻のほうから指を下着に挿し入れ、ヒップの谷間に滑らせる。やわらかな尻肉が指先を呑みこんでしまいそうだ。

祐司は瑞穂のスカートをまくり上げ、パンティ越しにヒップを撫でまわした。パンティはすべすべした生地で、シンプルなもののようだった。 お尻のほうから指を下着に挿し入れ、ヒップの谷間に滑らせる。やわらかな尻肉が指先を呑みこんでしまいそうだ。 「い...
結城彩雨

夏子の双臀は驚くほどの肉感でムチッと盛りあがり、かたちよく吊りあがって締まっていた

夏子は泣き声をあげ、激しくかぶりを振っている。縛られるなど思ってもみなかったことだ。 男たちはニヤニヤと笑い、舌なめずりをしながら後ろへまわり、夏子の双臀をもじっくりと見つめた。 「うひょ、こいつはいい尻だぜ」 「へへへ、楽しみだな」 冷二...
庵乃音人

貴史は舌を突き出し、尻の谷間に生えた毛を、肛門と一緒に舐め上げる

「あうっ、むぐぅあぁ、い、祈里先輩……んああぁ……」 たっぷりと脂の乗った尻肉が顔面を擦った。くすぐるように顔を刺すのは尻毛の数々だ。貴史は舌を突き出し、尻の谷間に生えた毛を、肛門と一緒に舐め上げる。 「ふはあぁ、あん、貴史くん、舐めちゃイ...
未分類

がに股に両足を踏ん張った祈里の尻の谷間がパックリと割れ、ピンク色のアナルと、ちょろちょろと生えた猥褻な尻毛が晒された

言い訳のいとまは与えられなかった。祈里は顔をまたぐと、真上からもう一度貴史を見下ろした。怒ったふりをしていた美貌が色っぽく崩れ、微笑に変わる。 「わたしのお尻なんかでいいのなら……いくらでもしてあげるわ……こう?」 優しい声で言うと、両足を...
葉川慎司

白く丸いお尻が露わになり、谷間の奥の秘すべき穴まで剥きだしになっているような心もとなさを覚える

祐司は力強く頷いた。義理の息子の心にも、未知の性行為への好奇心があるのだろう。しかし、そもそも、お尻にペニスなど入れることができるのだろうか。 「どうすればいい?」 「うつぶせになって。お尻を突きあげて」 したことがないと言っているわりに、...
御堂乱

浩は深くつながっている知美の桃尻に眼を細めると、丸い双丘をつかんで左右に割った

浩は深くつながっている知美の桃尻に眼を細めると、丸い双丘をつかんで左右に割った。尻割れの底から甘酸っぱい少女の薫香が匂い立ち、桜色の愛らしいアヌスが顔をのぞかせた。そのすぐ下の濡れた肉割れの中に、自分の太い剛直が頼もしく食い込んでいる。 「...
御堂乱

媚肉のひろがりを真珠入りの巨根でなぞられて、志津子は鼻にかかった声を洩らした。悶えるヒップの割れ目は熱く蒸れている。

その尻を力強くつかんだのは竜二だ。 「心配すんな、奥さん。奥さんの欲張りなマ×コには、俺がこいつをブチ込んで満足させてやっからよ」 「りゅ、竜二さん……あァ……あふうううッ」 媚肉のひろがりを真珠入りの巨根でなぞられて、志津子は鼻にかかった...
御堂乱

その婀娜っぽく盛り上がった白い双丘の谷間で、赤く爛れた秘肉が物欲しげによじれ動くのを哀しく見ながら、知美も四つん這いで後に続く

屋上で志津子の顔に吐精した肉棒は、すでに勢いを取り戻して隆々としていた。真珠玉入りの長大な怒張は昌平のそれを上まわるグロテスクさだ。にもかかわらず、 (おチン×ン……あァ、竜二さんのおチン×ン……) 色狂いした人妻の志津子は、憑かれた眼を妖...
御堂乱

熟れきった白桃のような美ヒップ。その弾力に満ちた双丘の中心を、男の剛棒が垂直に貫いていた。

歓喜を極めたはずの母の女体を、竜二が向かい合わせに抱きあげて仁王立ちになっていた。太腿をすくい上げて抱っこされた母は、テレビカメラに白い背中を向け、両腕をすがるように男の首に巻きつけている。熟れきった白桃のような美ヒップ。その弾力に満ちた双...
庵乃音人

貴史の欲情をいっそう淫らに沸騰させたのは、そんなアナルを縁取って、思いのほか大量の尻毛が生えていたことだ

「あぁ、先輩……」 割り広げた尻の谷間の眺めにうっとりする。淡い薄桃色をした可憐なアナル。志摩子や夏海とは明らかに異なる、何ともそそられる色をした肛肉がヒクヒクと開閉する。 それだけでも相当興奮する眺めだったが、貴史の欲情をいっそう淫らに沸...