ぺちぺちとぶつかる玉袋がぎゅっと締まって迫り出しているのを、尻の肉で感じた

直腸の深部を亀頭に打ち叩かれると、待ちわびていた粘膜がこぞって歓喜の汁、腸液を滲ませた。そのぬめりが、撹拌され温められて粘度の増したローションと溶け混ざり、心地の良い吸着感を生む。
(ァはッ……中でおちんちん脈打ってる……。精子を出したがって、ぴゅぴゅって漏らした先走りのオツユをお尻の中に摺り込んできてるぅぅ……)
ぺちぺちとぶつかる玉袋がぎゅっと締まって迫り出しているのを、尻の肉で感じた。腸内を抉る肉の幹も、小刻みな脈動を放ち始めている。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!