意識が朦朧とし、なのに尻の穴の過敏ぶりは増す一方

真下からの突き上げに真弓の肢体が揺れ弾む。その際擦れた乳首から恍惚の疼きが溢れる。突き上げられた腸洞内に、乳首の比ではない恍惚の痺れが充満していた。余りの事に、潤んだ真弓の目が眩む。湯あたりしたように意識が朦朧とし、なのに尻の穴の過敏ぶりは増す一方。
「このケツを見て懸想した男の客の中に、ここでセンズリした奴もいたかもな」
深々貫かれた状態で堪らず腰回す女の様を嬉しげに見つめ、その耳たぶを食んだ男の野太い声が響く。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!