堂本の背後にしゃがみ、彼の尻穴を舌で穿る奉仕に明け暮れる

肩にかけた襦袢一枚、他に足袋のみ身に着けた姿で、負けじと火照り荒ぶる息を吐く。焦れて揺らめく真弓の巨尻に、否定しようのない期待が滲んでいた。若桜家の寝室に敷いた布団の上に膝立ちする男──堂本の背後にしゃがみ、彼の尻穴を舌で穿る奉仕に明け暮れる。客観的に観れば卑しさ極まるであろう行為に溺れ昂る女体。自分だって、堂本と同レベルの変態だ。自虐にすら悦を見出して酔い痴れる心身を恥じつつも、真弓の舌の動きは止まらない。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!