ガチガチに強張る肉の棒を誇らしげに掲げ、潤む女の股座に堂本が迫る

選んだのは、正常位。襦袢を剥いで晒した白い背を、敷布団に預け。両手を前に差し出して、牡の到来をねだった。股はまだ閉じたまま。もじつき揺らいで、飽く事なく女陰を擦り愛でる。ガチガチに強張る肉の棒を誇らしげに掲げ、潤む女の股座に堂本が迫る。毎晩の営みとなって久しい結合まで、もうあと一刻の辛抱だ。期待に満ちて潤む女将の眼には、隆々と反り立つ肉の棒のみが映し出されていた。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!