佑二は女性器の構造を確認するように、舌を丁寧に這わせていた

佑二は女性器の構造を確認するように、舌を丁寧に這わせていた。尿道口を突くように、舌先が蠢く。豊腰はヒクッヒクッと戦慄いた。
(ああっ、今度はおしっこの出る場所を……どうして躊躇いなくおくちをつけてしまうの。不潔な場所のはずなのに)
亀裂の縁をなぞるように舌をすべらせたかと思うと、性交の刺激で腫れぼったくなった花弁を唇に含んで、舐めしゃぶった。義母の女性器を味わい尽くすように、佑二は一つ一つの場所を、じっくりと舐っては次に移った。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!