双臀を高く持ち上げた牝のポーズが、何枚もデジタルカメラで記録されていく

「どうぞ、お好きになさって」
弱々しい声で告げた瞬間、シャッターの音が広いベッドルームのなかに響いた。這った裸身はビクッと震えた。喉元で「ううっ」と呻きを漏らす。シャッターは連続で切られた。双臀を高く持ち上げた牝のポーズが、何枚もデジタルカメラで記録されていく。
(佑二さん、一枚ではなかったの……)
白いフラッシュの閃光が、室内を照らしていた。丸い双丘と、その奥の唾液で濡れ光った女の恥部が余さず写されていると思うと、いてもたってもいられない気持ちになる。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!