バックからするとムチムチとしたヒップが、おいしそうでしょ

母の牝の懇願を聞くと同時に、佑二はズチュッと差し入れてきた。
(ああんっ、なんて硬いのっ)
息苦しささえ覚える充塞の感覚は、満ち足りた幸福感となって女を包み込む。花穂子は反射的に腰に力を入れて、若い勃起を食い締めた。
(たまらないっ)
秘肉からえも言えぬ陶酔が広がる。緩みのない硬さに、鼻孔からは堪能の吐息が漏れた。待ち望んだ相姦の始まりだった。
「この体位だと、奥さまのなかが絡みついてくる感じが、はっきりわかります。姿勢でこんなにも変わるんですね。奥さまのボリュームあるお尻も強調されて……」
「バックからするとムチムチとしたヒップが、おいしそうでしょ。あと三日間は、佑二くんが好きな時に突っ込んでいいのよ。むらむらしたらいつでもオッケーだから」

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!