ああうっ、佑二さん、わたくしのお尻も叩いて構いませんわっ

「佑二くん、お姉さんのお尻を叩きたいみたいよ。それも構わないでしょ」
妹の指がきゅっと乳首を摘んだ。痛さを感じる一歩手前の強さで勃起した乳頭を捏ねくり、興奮でしこった胸肉全体を絞り立てる。肉悦を煽られた継母は、汗ばんだ肌をうねらせ、紅唇を喘がせた。
「ああうっ、佑二さん、わたくしのお尻も叩いて構いませんわっ。女の尻をぶつと、締まりが良くなって具合がよいと夫は言っていました。佑二さんがなさりたいのなら躊躇わずお好きなように、あんっ」

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!