妹の指がはしたなく屹立した女の肉芽を摘む

「いい声を出すのよ、お姉さん」
妹の指がはしたなく屹立した女の肉芽を摘む。包皮を剥きだし、過敏な内側を捏ね回した。
「あ、あうっ、だめっ、そんなにされたら……ああんっ」
未亡人は泣き啜った。縛られた腕を手綱にして、佑二が母の裸体を操る。腸管愛撫のおぞましさと、肉の悦楽が混じり合って緊縛の裸身を驚喜させた。脂汗が滲み、柔肌に麻縄が食い込む。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!