緊縛

但馬庸太

裕恵はいわゆる座禅転がしの体勢を取らされていた

「い、痛いぃっ!」 和室に裕恵の悲痛な声が響いた。美貌を畳に擦りつけて、苦悶の表情を浮かべていた。額はじっとり汗ばんで、精飲のせいで息も荒い。 「縛りが好きなお客さんもいるんだ。この機会に慣れておいてもらわないとな」 「だからってこんな体勢...
天海佑人

縄で絞りあげられている人妻の乳房はぱんぱんに張っていた

孝典のブリーフの中で、またペニスが動く。どろりと我慢汁がにじんでいく。 孝典は柱に縛りつけられている松前先生の奥さんに近寄った。背後にまわることなく、縄で絞りあげられている乳房に手を伸ばしていた。 それは考えてやったことではなかった。考えて...
天海佑人

タンクトップは引き下げられたままで、あらわな乳房の上下に縄が食い込み、そして、ショートパンツは膝まで下げられた状態で、毟り取られたパンティは縁側に落ちていた

「そうなの……ああ、助かったわ……ああ、もう少しで……ああ、主人を裏切るところだった……ありがとう、孝典くん……あなたの機転のお陰だわ」 柱を背にして後ろ手に縛られたままの裕美が、安堵した笑顔を向けてきた。 タンクトップは引き下げられたまま...
天海佑人

タンクトップにブラカップがついていたようで、いきなり、白いふくらみがあらわれた。そこにどす黒い縄が食い入っていく

康夫と勇太が裕美の股間を責めている間に、浩二は縄で絞りあげられている胸元に手を出していく。そして、タンクトップの細い肩紐をぐっと引き下げていった。 「だめっ……」 タンクトップにブラカップがついていたようで、いきなり、白いふくらみがあらわれ...
天海佑人

両手を縛ったどす黒い縄が、タンクトップの胸元の上下に食い入っていく

裕美はリビングと隣の和室との境にある柱を背にして、立ったまま、後ろ手に縛りつけられていった。いつでも女を縛れるように、浩二たちは常に縄を持ち歩いているようだった。 両手を縛ったどす黒い縄が、タンクトップの胸元の上下に食い入っていく。 不良た...
結城彩雨

豊満な乳房の上下にも縄を巻きつけ、きつく絞りあげる

「少しやつれた感じはあるが、ますます色っぽくなったようだぜ、へへへ」 しばし見とれてから、五郎が縄の束を取りだしてきて、しごきはじめた。 「縛ってやるから、両手を後ろへまわしな」 「そ、そんな……どうして、どうして縛ったりするの……もういや...
結城彩雨

浴衣の前からつかみだした冷二のたくましい肉棒が、ピタリと夏子の肛門に押しつけられていた

もうどうするか決めているくせに、冷二と五郎は考えるふりをしながら、爪先立ちの夏子の右足首をつかんで横へ開き、鴨居から高々と吊った。 その前へ順番の決まった男たちが群がってきた。と夏子は裸身を硬直させた。 「こんなッ……こんな格好は、いやッ」...
結城彩雨

後ろ手縛りの夏子をひっぺがえすようにあお向けに倒し、左右から肉づきのよい双肢を強引に上へ持ちあげる

冷二と五郎はせせら笑いながら夏子の裸身に手をかけると、座敷の真んなかにある食卓の上に乗せあげた。 後ろ手縛りの夏子をひっぺがえすようにあお向けに倒し、左右から肉づきのよい双肢を強引に上へ持ちあげる。その足首を天井から垂れさがった二本の縄に、...
結城彩雨

上下に縄に絞られた豊満な乳房、白くなめらかな腹部、そしてムッチリと官能美にあふれる双臀や太腿

グイグイ締めつけてくる肉の感触を思いだしつつ、夏子の裸身を見おろしながら飲むビールの味は格別だ。 冷二と五郎は浴衣をつけていたが、夏子は後ろ手に縛られた全裸だった。そして夏子は、まだ死んだように気を失って動かなかった。 上下に縄に絞られた豊...
結城彩雨

気が狂いそうなのに、いっぱいに拡張されて押し入られている肛門が、しだいに五郎の動きに反応しだしているのを、夏子は知った

「う、うむ……」 男たちの視線を正面に受けながら、夏子はキリキリ唇を噛んでうめいた。 気が狂いそうなのに、いっぱいに拡張されて押し入られている肛門が、しだいに五郎の動きに反応しだしているのを、夏子は知った。苦痛が弱まって、しびれるような感覚...
結城彩雨

後ろから五郎に肛門を深々と貫かれ、前からは冷二に乳房を鷲づかみにされている

「いやでも気分を出させてやる」 冷二と五郎は顔を見合わせてから、夏子の両手を背中へ捻じあげて縛った。 まず五郎が夏子の腰に両手をやって、四つん這いの夏子の上体を起こしていく。冷二が夏子の乳房を鷲づかみにして手伝った。 夏子を四つん這いの姿勢...
結城彩雨

乳首も初々しい色をして、ポチッと小さかった

夏子は一糸まとわぬ全裸を後ろ手に縛られ、乳房の上下にも縄を巻きつけられていた。そして縄尻を鴨居にかけられて爪先立ちに吊られた。 「なんていい身体だ……思った通り、いや、それ以上だ」 「こんないい身体は見たことがねえ。顔がよくて、身体もいいっ...
結城彩雨

三枝子の手首と足首はそれぞれ床の鎖で固定され、艶やかな黒髪と汗にヌラヌラと光る乳房や双臀が妖美にうねっている

一糸まとわぬ裸身を舞台の上で四つん這いにし、シクシクとすすり泣いている女は、多少やつれはしたものの、まぎれもなく三枝子だった。 「フフフ、おめえらにも三枝子がどんなことをさせられてるか、一度見せてやろうと思ってな」 李はニンマリと笑った。 ...
結城彩雨

剥きだされた三枝子の媚肉と肛門とは、股縄にいじめ抜かれた痕を赤く充血させて、生々しい姿を見せていた

「気分を出せよ。オマ×コをじっとり濡らさねえと、承知しねえぜ、フフフ」 李は三枝子を湯舟からマットの上にあお向けに横たえた。 まず足首の縄を解き、つづいて後ろから股縄を解いて引き剥がしにかかる。 三枝子の肛門に食いこんでいた縄のコブが、つづ...
結城彩雨

李が股間の縄目の食いこみようを覗き、結び目の二つのコブがそれぞれきちんと女芯と肛門に当たるようにする

李は後ろへまわした縄尻を容赦なく絞りあげて、三枝子の後ろ手につないだ。 つづいて若いヤクザの二人が、すばやく三枝子をあお向けにひっくりかえし、左右から両脚を押しひろげた。 李が股間の縄目の食いこみようを覗き、結び目の二つのコブがそれぞれきち...
結城彩雨

股間と臀丘の谷間に縄目が激しく食いこんで、グイグイと絞りあげられた

李はなにも言わず、三枝子を後ろ手に縛って、さらに肩から前へおろして胸縄を縦に絞った長い縄尻に、結び目のこぶを二つつくっていた。 なにをするのか……と思う余裕さえ与えられず、縄尻が太腿の間を通って後ろへまわされた。股間と臀丘の谷間に縄目が激し...
結城彩雨

乳房の上下にも縄をまわし、キリキリと締めあげた

「そのつもりでラブホテルに来たんだろうが。こんな色っぽいパンティを穿いてよ」 冷二と五郎はからかいつつ、三枝子の両腕を背中へ捻じりあげて、手首を縄で縛りあげる。乳房の上下にも縄をまわし、キリキリと締めあげた。 そのたびに妖しく揺れる乳房がた...
北都凛

肛門に指先をツプッと浅く埋めこまれて、全身に鳥肌がひろがっていく

しかし神谷はまったく意に介することなく下肢の間に座りこむと、股間に向かって手を伸ばしてくるではないか。 「ひいっ……ちょ、ちょっと、どこを触ってるのよ!」 思わず声が裏返った。男の指先は女の割れ目ではなく、もっと下の奥まったところに触れてき...
北都凛

肉感的なボディは魅惑的な曲線で構成され、とろけてしまいそうな成熟度合いを見せていた

ベッドの支柱に縛りつけられている京子は、嬉々として撮影準備をすすめる神谷を憤怒のこもった瞳でにらみつけた。 服はすべて剥ぎ取られている。レイプされて全身の力が抜けている隙に、いったん拘束を解かれて一糸纏わぬ姿にされてしまった。そして再び四肢...
北都凛

微かに上下する胸もとに、スカートの裾から露出しているむっちりとした太腿。それだけでも充分に牡の興奮を誘う光景だ

薄暗いなかに、鮮やかなラベンダー色のスーツが浮かびあがって見える。微かに上下する胸もとに、スカートの裾から露出しているむっちりとした太腿。それだけでも充分に牡の興奮を誘う光景だ。 「ご自分でなにをおっしゃっているのかわかって?ああっ、痛いじ...