き・緊縛

北都凛

いやいやと首を左右に振るたび、豊満な乳房がゆさゆさと重たげに弾む

「ああ、いやですわ……どうして、カメラなんて……」 仁科夫人はベッドの上から恨みっぽい視線を向けてきた。 横座りの姿勢で美脚をくの字に流し、上半身を恥ずかしげに揺すっている。いやいやと首を左右に振るたび、豊満な乳房がゆさゆさと重たげに弾...
御堂乱

白い尻丘はボリュームが不足し、まだまだ女として発展途上だ。それでもシミひとつない美しさは母親ゆずりなのだろう

体を起こすと、マットの上に知美を這わせた。 這わせるといっても後ろ手縛りだ。知美は顎と両膝の三点で裸体を支え、ヒップを高くもたげる苦しい格好にされてしまった。 昌平は後ろにしゃがんで観察した。 白い尻丘はボリュームが不足し、まだまだ女...
北都凛

しかし、それよりも早く両腕を背後にひねりあげられて、重ね合わせた手首に帯締めが巻きつけられていく

情熱的に愛を語る神谷が、テーブルの上に置いてある帯留めに手を伸ばすのが視界の片隅に映った。彼の唇がニヤリと歪んだように見えたのは気のせいだろうか。その手は赤珊瑚の帯留めと帯締めのセットを選んだ。 「あ……なにをなさるんですか?」 ソファ...
御堂乱

相変わらず後ろ手に縛られていた。太腿と脛を重ねて縛られ、股間を開かされているのも同じだった

温かい皮膚の刺激が少女を目覚めさせた。 (あっ!) 意識が戻ると、お湯をはったバスタブの中だった。 「い、いやっ」 知美は慌てて身をよじった。 お湯の中で背後から抱きすくめられている。相変わらず後ろ手に縛られていた。太腿と脛を重ね...
御堂乱

太腿と脛を折り重ねるように二ヶ所で縛られている。いわゆるM字開脚をさらにむごたらしくした縄緊縛

可愛い小鹿を傷つけずに生け捕るのは難しいが、昌平は相棒の手を借りてどうにかやり遂げた。 「手間ァとらせやがって」 昌平の息はイノシシのように荒い。二の腕に赤い血が滲んでいるのは、死にもの狂いで暴れる美少女に噛みつかれたのだ。だが奮闘の甲...
鳴瀬夏巳

それで理香の両腕を頭上高く縛りあげにかかると、狼狽を露わにした

萎れた水着を拾いあげ、それで理香の両腕を頭上高く縛りあげにかかると、狼狽を露わにした。「イヤッ、イヤッ」と短く哀訴しつつ身体を捩らせている。 が、程なく拘束は完了した。そして余った布地を壁際のスチール棚の脚に括りつける。これで美麗な裸身は...
鳴瀬夏巳

足を踏みだすたび、バイブがズンッと恥肉と肛肉を突きあげる

スタジオの奥で恵里子がインストラクターの横に立ったのを見届け、奥寺はガラス越しにレッスンを眺めるふりで、リモコンのスイッチを握っていた。 スタジオに追いやられた頃には意識が朦朧としていた。足を踏みだすたび、バイブがズンッと恥肉と肛肉を突き...
羽沢向一

尚樹は地面から残りの赤いロープをつかみ、担任教師の左右の足首を鉄棒に縛りつけた

頭上から嘆きの声が聞こえてくるが、足に抵抗の力はない。されるがままに左右の足が、ジャングルジムの地面に突き刺さった二本の縦の鉄棒の前へ移動する。尚樹は地面から残りの赤いロープをつかみ、担任教師の左右の足首を鉄棒に縛りつけた。 静子先生は背...
神瀬知巳

姉の乳房を掴み揉み、首筋に舌を這わせてきた

アクメに酔った瞳で妹が囁く。姉の乳房を掴み揉み、首筋に舌を這わせてきた。前後からの刺激に、縛られた未亡人は戦慄きを強くした。汗を吸った麻縄が、肌にきつく食い込む。
神瀬知巳

花穂子は麻縄に汗を吸わせ、ムチムチとした白い肌を痙攣させた

花穂子は麻縄に汗を吸わせ、ムチムチとした白い肌を痙攣させた。浅ましくよがり泣きをこぼしながら、快感を与えてくれるペニスを夢中になって締め付けた。
タイトルとURLをコピーしました