こ・肛門(締め付ける)

天海佑人

すると、すぐに、前の穴と後ろの穴がきゅきゅっと締まってくる

「私が悪いことしたばっかりに、ママがっ……ああ、もうこれ以上っ、ママが犠牲になることはないよっ。悪いのは、愛菜なんだからっ」 そう言うと、愛菜はキッチンから出ていった。二階に上がっていく。すると、前と後ろの穴の締め付けが、少しだけ緩んだ。 ...
天海佑人

愛菜の声が聞こえた瞬間、その母親の尻の穴は万力のように締まっていた

益岡先生の妻はつらそうな表情を浮かべつつも、孝典にスクール水着姿で料理を続ける動画を撮らせた。 今夜は肉じゃがのようだった。 「煮込んでいる間、尻の穴の調教をしましょう」 尻たぼに貼りつくスクール水着を脇にやり、尻の狭間に指を入れていく。 ...
天海佑人

エマのアナルでさらにペニスが太くなったのか、エマが、ううっ、とうめいた

今、おまえたちが憧れる滝田先生のブロンド妻を、この俺がアナルでやっているんだぞっ。 エマ先生のこんな姿を目にしたら、あいつらはいったいどんな顔をするだろうか。クラスでまったく目立たないこの俺が、女子憧れのエマ先生とアナルで繋がっているんだ。...
天海佑人

エマがぶるっとヒップを震わせる。肉が詰まったぷりぷりのヒップだ。

孝典は鎌首を小指の先ほどの窄まりに押し付けていった。 「あうっ……」 何度突いても、アナルは最初の抵抗が強い。けれど、いったん鎌首を埋め込めば、強烈な締め付けが待っている。 孝典は抵抗を押しやるようにして、鎌首をめりこませていく。 「あっ…...
天海佑人

尻の狭間の深い谷底で息づくアナルは、夫の教え子を誘うようにひくひくとした収縮を見せている

「エロいヒップですね、エマ先生」 と孝典は簡易ベッドの上で突き出されたブロンド美女の尻たぼを、そろりと撫でる。エクスタシーを迎えても、ローターの刺激を受け続けているエマが、ぶるぶるとヒップを震わせる。 孝典も簡易ベッドに上がった。みしっと軋...
天海佑人

ついに鎌首がアナルにめりこんだ。そのまま、ぐぐっと押し込んでいく。

エマのアナルはひくひくとした収縮を見せている。 「僕のコック、欲しいんでしょう、エマ先生」 「だめ……アナルはだめ……高校生がアナルなんて……知ってはだめなの……」 そう言われれば言われるほど、ブロンド美女のアナルに入れたくなる。さらにどろ...
天海佑人

あうっ……だめ……指はだめ……ああ、アナルは……ああ、入れる穴ではないの

「ああ……アナルを見たがるなんて……ヘンタイよ……」 「じゃあ、アナルファックで中出しまでされているエマ先生は、どヘンタイですね」 「違うわ……ああ……」 「ヘンタイって、英語でなんて言うんですか」 「アブノーマルよ……ああ、パーバート(p...