大きく開いた女教師の中心に、そそり立つペニスが迫る

静子先生が、尚樹の頭を支えにして、あぐらをまたいだ。不安定な姿勢からそろそろと腰を落としていく。大きく開いた女教師の中心に、そそり立つペニスが迫る。はじめて彩海以外の膣に突入する期待で、亀頭が脈打った。
開いた肉襞が亀頭に触れた途端、静子先生の下半身から力が抜けた。
「うんっ!」
体重を支えられずに、身体が尚樹のあぐらの上に墜落する。その勢いで、亀頭だけでなく、肉棒全体が膣の奥まで突き入れられた。
「あひいいいいいいっっ!」
壮絶な挿入の反動で、静子先生は立ち上がろうとするが、尚樹が両腕をウエストにまわして、力強く押さえこんだ。
「ひいいいおおおうっ!」
尚樹はそのまま腕を揺らして、静子先生を前後左右に揺らし、同時に下から腰を突き上げる。二つの動きが混じり合い、からまり合い、複雑に担任教師の体内をかき混ぜた。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!