佑二は膝の上に抱えた女体を、下から突き上げてきた

申し訳なさそうに言い、佑二は膝の上に抱えた女体を、下から突き上げてきた。
射精後もなかで大きくし、繰り返し挑み掛かってきた昨夜と同じだった。案の定、摩擦刺激のなかで朝立ちのペニスはさらに力感を漲らせ、肉刀の切っ先は膣の上に擦りつく。子宮まで小突かれるような圧迫を感じ、花穂子は長い黒髪をざわめかして背筋を引き攣らせた。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!