二つのカップの中心にあるホックをはずすと、まるで内側で爆発があったように、カップが左右に分かれた

ブラジャーはフロントホックだった。二つのカップの中心にあるホックをはずすと、まるで内側で爆発があったように、カップが左右に分かれた。スーツ、ブラウス、そしてブラジャーから解放されて自由になった静子先生の胸は、奔放な魅力に満ちている。
静子先生のバストは、彩海の豊乳と優劣つけられないサイズだ。やはり同じチアリーディングで鍛えた肉体らしく、彩海と同様に重そうな乳房も筋肉に支えられて、カップの支えを失っても、少しだけ位置を下げるだけだ。
全体で美しくまろやかな球体を形作り、頂点では桜色の乳輪が咲き、小指の先のような乳首がしこりたっている。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!