リクエストに応えて、尚樹は両手の指で、チアコスチュームの上から左右の乳首をつまんだ

「あああ、恥ずかしいわ。ブラジャーを着けていないから、乳首がコスチュームの裏にこすれて、あんん、感じてしまうの。そんなことで感じてしまうほど、わたしの胸はエッチなんだわ」
リクエストに応えて、尚樹は両手の指で、チアコスチュームの上から左右の乳首をつまんだ。
「はううっ!」
彩海が首を背後にのけぞらせ、突き出した豊乳を大きく揺らした。敏感な肉の突起から、快感のパルスが乳房へ、そして全身の神経へと疾駆する。たちまち全身が乳首の快楽に浸された。