たっぷりとしたふくらみは、とろけるように柔らかい。それでいて搗きたての餅のような弾力がある

「たしかに真面目でいい子だ。だが、ぼちぼち男と女のことを教えてやっても早すぎはしねえだろう?あんたのこのムチムチに熟れた身体を使って」
言うなり竜二は、志津子の乳房に手を伸ばした。
「あッ!」
むんずと双丘を鷲づかみされ、志津子は総身をこわばらせた。
「ああッ、やめて!やめてえッ!」
「うーん、この揉み心地。さすがに子持ちの人妻だぜ」
竜二は握りつぶすように揉みこんだ。
たっぷりとしたふくらみは、とろけるように柔らかい。それでいて搗きたての餅のような弾力がある。
(たまんねえぜ……)
ふるいつきたくなるのをこらえて、じっくりと左右の乳房を揉みしだいた。人妻の悲鳴が耳に心地よい。肌の温もりと成熟した肉の感触が伝わってきて、揉むほどに興奮が高ぶってくる。
「いやっ、いやああっ」
泣き声をあげて志津子の身体がのたうった。
竜二はふくらみを揉みながら、先端の乳首を指ではじき始めた。
「ヒイイーッ!」
志津子の悲鳴が高ぶった。
「ママッ、ママあッ」
「志津子おおおッ」
手足を縛られた娘と夫がわめきたてても、少しも竜二の邪魔にはならない。むしろ凌辱劇の興奮を高める効果音だ。
「フフフ、乳首が固くなってるぜ、奥さん」
竜二は軽くつまみあげ、愛撫の効果を確かめた。
「感じてきたんだろ?」
コリコリと指の腹でしごきあげた。
「いやああッ」
激しくかぶりを振って否定する人妻。
竜二は笑い、再び乳首を指ではじき始める。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

キャミソールの上から優しく肉房が揉まれ... 睦言のように耳もとで囁かれ、両手が胸もとに這わされる。キャミソールの上から優しく肉房が揉まれ、うなじにキスが捧げられる。...
揉むほどに、弄くるほどに、乳マシュマロはよけい淫靡な熱を持ち... 男という動物は、女の人のおっぱいを触ると、どうしてこんなにいい気持ちになれるのだろう。ねちっこい手つきで揉めば揉むほど、淫らな興奮が高まってくる。揉むほどに、弄くるほどに、乳マシュマロはよけい淫靡な熱を持ち、滑らかだった乳肌にうっすらと汗の微粒を滲ませだす。...
乳責めに加え、とうにスケスケの白布越しにお互いのクリトリスが重なり、擦り合わさる... 薄布にツンと浮き立つ勃起乳首がナミのそれにすり潰された瞬間。忌避感情を凌駕して、恍惚が煮え立つ。淫蕩に、かつ酷薄に響いた少女の声音が、一回り年上の女の心を掻き毟りいたぶる。乳責めに加え、とうにスケスケの白布越しにお互いのクリトリスが重なり、擦り合わさる。ローションの滑りも手伝って、摩擦はスムーズかつ...
あん、そんなにモミモミしないでくださいぃ... 「あん、そんなにモミモミしないでくださいぃ……」 きゅっきゅっと揉むたびに、乳肌がハリを増していくのがたまらない。小ぶりだった薄紅色の乳首がむっくりとせり出し、掌の中で堅さを帯びた。 「千夏さんのおっぱい、揉むたびに張りつめてきます。なのに、どうしてこんなにやわらかいのでしょう?」 興奮のあま...
リクエストに応えて、尚樹は両手の指で、チアコスチュームの上から左右の乳首をつまんだ... 「あああ、恥ずかしいわ。ブラジャーを着けていないから、乳首がコスチュームの裏にこすれて、あんん、感じてしまうの。そんなことで感じてしまうほど、わたしの胸はエッチなんだわ」 リクエストに応えて、尚樹は両手の指で、チアコスチュームの上から左右の乳首をつまんだ。 「はううっ!」 彩海が首を背後にのけ...
下を向いていることでより一層ボリュームを増している美波の膨らみ... ちえりは両手を伸ばすと、下を向いていることでより一層ボリュームを増している美波の膨らみを、たぷたぷと下から揉み始めた。後ろからは獣のような格好で宣英に突き上げられ、前からは幼馴染の少女に唇を奪われながら性感帯のバストを嬲られる。つい先日まで処女だった初心娘には、あられもない痴態だ。...
乳首をぎゅっと摘み上げたその時 淫豆をスロートしつつ、乳首をぎゅっと摘み上げたその時、美波がびくんびくんと身体を大きく弾ませた。頤をぐっと反らせ、そのまま細かく痙攣を始める。そう思ったのもつかの間、堤防が決壊したように大量の愛液が噴きだしてきた。顔が汚れるのも気にせずに啜り上げると、びくびくと痙攣を続ける淫裂と豆粒を舌で撫で上げる...
あひぃん……ああ、乳首が、し、痺れるぅ……... 健太はしどけなく、タイルに尻を落とし、浴槽の縁に掴まったままの留美子を、後ろから抱き締めていた。前に回した手が、たわわな乳房に触れた。 「あひぃん……ああ、乳首が、し、痺れるぅ……」 はじめて触れた、成熟した女の乳房だった。量感たっぷりで、健太の大きな手のひらにも余る大きさに感動していた。...
身体全部が上下して、静羽のEカップの乳房も揺れ乱れる... 身体全部が上下して、静羽のEカップの乳房も揺れ乱れる。 (静羽さんの……おっぱい!) 広海が手を伸ばすと、静羽の乳房を下からつかみあげた。やわらかさが手のひらに心地よい。きめ細かい磁器の肌に、薄くピンクを塗りつけたような乳輪。乳首はその中心に、ポツッと小指の先ほどの大きさで尖っている。プツプツと...
両手を彩海の身体の前にまわし、ブラジャーの上から乳房をなでた... 尚樹は担任教師に呼びかけて、両手を彩海の身体の前にまわし、ブラジャーの上から乳房をなでた。本当ならすぐにも巨乳を思いっきり揉みまくり、最高の揉み心地を味わいたいところだが、今はがまんして、担任教師にじっくりと見せつけてやる。ここまで自分の欲望をコントロールできるようになったのも、彩海との毎日の淫らな...