二人がかりの狡猾な色責めに、骨が痺れ肉が溶ける

「へえ、そうかい。なら続けさせてもらうぜ」
昌平の舌が再び動きはじめた。ヌルヌルになってしまった肉溝をベロリベロリと大きくなぞりあげ、舌先でチロチロと肉の真珠を転がす。膣奥をまさぐる指の動きは活発さを増した。ひねりを加えながら、ヌプッヌプッと大胆に抜き差しした。
「ひいッ、ひッ……ひいいッ」
志津子がしゃっくりのような声をあげて悶えると、
「ヒイヒイ悦んでばかりいねえで、イキそうになったら、ちゃんと俺たちに教えるんだぜ、奥さん」
竜二も乳首をつまみあげる。グリグリとしごきながら、
「ほれ、どうだ。イキそうか?どうなんだ」
「ああっ、ダメっ……また……ああッ、またあッ!」
こらえようとしたのも束の間、たちまち官能の渦に巻き込まれてしまう。
「いやッ!ひいいッ、いやあァ!」
はしたないほど激しく腰が上下に弾んだ。二人がかりの狡猾な色責めに、骨が痺れ肉が溶ける。快感のこと以外もう何も考えられない。
「ああッ、ダメ!もうダメ!あああッ、ダメえええええ!」
頭の中に赤い灼熱がふくれあがって、今にも破裂しそうだった。
「あひひいいいいいッ!」
今度こそ気をやろうと大きくのけぞった志津子だが、またもや寸前で男たちが愛撫を止めてしまった。
(ああっ、どうしてっ?)
満たされぬ思いに、志津子の熟れた腰がブルブルと震えた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!