はらりと、ブラが俊輔のお腹の上に落ちる。息を呑んで、膨らみにまっすぐ視線を向けた

「あんっ」
千夏の胸肌が、羞恥からか薄桃色に染まった。
俊輔は、肩にかかったままのストラップに指先をかけ、そっと細腕に沿ってずらした。はらりと、ブラが俊輔のお腹の上に落ちる。息を呑んで、膨らみにまっすぐ視線を向けた。
「ああっ……」
反射的に胸元を覆いかけた千夏の細腕は半ばで留まり、おずおずと引きさがる。恥じらいと決意が見え隠れして、俊輔の胸にさらなる感動を呼んだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!