はらりと、ブラが俊輔のお腹の上に落ちる。息を呑んで、膨らみにまっすぐ視線を向けた

「あんっ」
千夏の胸肌が、羞恥からか薄桃色に染まった。
俊輔は、肩にかかったままのストラップに指先をかけ、そっと細腕に沿ってずらした。はらりと、ブラが俊輔のお腹の上に落ちる。息を呑んで、膨らみにまっすぐ視線を向けた。
「ああっ……」
反射的に胸元を覆いかけた千夏の細腕は半ばで留まり、おずおずと引きさがる。恥じらいと決意が見え隠れして、俊輔の胸にさらなる感動を呼んだ。