ブラジャー(脱がす)

北都凛

なだらかな丘陵を思わせる双乳と、その頂点で恥ずかしげに揺れるピンク色の乳首が、窓から射しこむ日の光に照らされていた

「仁科夫人の綺麗な身体を、この目に焼きつけておきたいんです」 「きゃっ……だ、駄目です」 男の指先がブラジャーのホックにかかり、思わず小さな悲鳴がもれる。そして次の瞬間、豊満な乳房がプルルンッとまろびでた。 「あああっ、いやです……見...
御堂乱

下着の締めつけから解放された白い乳房が二つブルンッと音を立てんばかりにまろび出てきた

ボタンを外し終えて、ブラウスの前をはだけると、眩いばかりの真珠肌を盛り上げた志津子のバストがさらされた。 「ひょおおっ、こいつはすげえ!」 生唾ものの美巨乳に、昌平が感嘆の声をあげた。 フルカップのブラジャーは上品なピンクベージュ。総...
北條拓人

熱に浮かされたようにつぶやいた千夏が、深佳の浴衣の裾を大胆に捲り上げた

「うれしいですぅ。わたくし、一度、姫さまとこうしてみたかった…」 熱に浮かされたようにつぶやいた千夏が、深佳の浴衣の裾を大胆に捲り上げた。 「私もです……。こんなこと、姫さまにだからするのですよ」 寧々は細腰を抱くように手を回すと、し...
北條拓人

征服感にも似た倒錯した思いに酔いながら、彼女の背中に手を回し、ブラのホックを外しにかかる

そんな俊輔に、寧々がいよいよ顔を真っ赤にさせて、消え入るような声で返事をした。その殺人的なまでの可愛らしさ。年上の女性をいじめる悦び。征服感にも似た倒錯した思いに酔いながら、彼女の背中に手を回し、ブラのホックを外しにかかる。大きなゴムまりの...
北條拓人

ぶるんと音を立てて乳房が解放され、下乳の丸みがたっぷんと重く揺れ、深い谷間が左右に開いた

プッツ──。 生温かい口腔内の感触に鳥肌を立てながら、俊輔はホックを外すことに成功した。ぶるんと音を立てて乳房が解放され、下乳の丸みがたっぷんと重く揺れ、深い谷間が左右に開いた。 「ああっ……」 再び寧々が、小さな悲鳴をあげた。反射的...
北條拓人

はらりと、ブラが俊輔のお腹の上に落ちる。息を呑んで、膨らみにまっすぐ視線を向けた

「あんっ」 千夏の胸肌が、羞恥からか薄桃色に染まった。 俊輔は、肩にかかったままのストラップに指先をかけ、そっと細腕に沿ってずらした。はらりと、ブラが俊輔のお腹の上に落ちる。息を呑んで、膨らみにまっすぐ視線を向けた。 「ああっ……」 ...
北條拓人

美しいまろみがブラカップを載せたまま、たゆとうように揺れていた

震える手をまろやかな背筋に滑らせ、ブラジャーのホックを指先で探る。けれどそれは、初めてではないにしても慣れない俊輔には、難しい作業だった。乳房見たさに、気がはやるばかりで思うに外せない。 「焦らなくても大丈夫ですよ。指先で、摘むようにして...
羽沢向一

彩海の背中のブラジャーのホックをはずし、すばやくむしり取った

「彩海さんは胸だけでイケるんだよ」 尚樹は、彩海の背中のブラジャーのホックをはずし、すばやくむしり取った。ハーフカップの支えがなくなって、重い豊満乳房がわずかに位置を下げる。その変化も、また艶めかしく、尚樹を誘う。
羽沢向一

二つのカップの中心にあるホックをはずすと、まるで内側で爆発があったように、カップが左右に分かれた

ブラジャーはフロントホックだった。二つのカップの中心にあるホックをはずすと、まるで内側で爆発があったように、カップが左右に分かれた。スーツ、ブラウス、そしてブラジャーから解放されて自由になった静子先生の胸は、奔放な魅力に満ちている。 静子...
羽沢向一

伸ばした指の前に、拘束から解き放たれた乳房が、どっとあふれる

魅惑のランジェリー姿を記憶にしっかり収めると、尚樹は噴出する肉欲に従って、ブラジャーに手を伸ばした。だが指でむしり取る前に、先読みした彩海自身の手で、フロントホックをはずされる。 「ああっ」 と、かすれた息が尚樹の喉からこぼれた。 伸...
タイトルとURLをコピーしました