ブラジャーの支えを失っても、グンと前に突き出たロケットおっぱいは、どこまでも挑発的で迫力たっぷりだ

「千夏さんのおっぱい……きれいだぁ」
ブラジャーの支えを失っても、グンと前に突き出たロケットおっぱいは、どこまでも挑発的で迫力たっぷりだ。水を弾くほどのピチピチ肌が、それを実現しているのだろう。
ミルク色の乳肌は、しっとりと肌理が細かく、ぴかぴかの光沢を帯びている。
薄紅の乳暈はきれいに円を描き、乳首はツンと上向いて、気高い品性すら感じられた。全体に、いかにも瑞々しく、ぎゅっと絞れば果汁がたっぷり滴りそうな乳房だった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!