浴衣の内側にするりと忍び込み、ねっとりとした手つきで胸板を探られる

俊輔の手の甲を覆っていた手指が、その場を離れ、女体を支えるように、筋肉質なお腹にあてがわれた。かと思うと、浴衣の内側にするりと忍び込み、ねっとりとした手つきで胸板を探られる。バイトで鍛えた筋肉が、掌の心地よさを存分に伝えてきた。
「うふふっ、殿方の厚い胸板。わたくし、ここを触るの好きなんです」
すべすべの指先が、小さな乳首の周りにくるくると円を描いていく。