豊かな黒髪がおどろに振られ、乳房がぶるるるるっと迫力たっぷりに揺れた

シルキーボイスをひときわ甲高くさせて、ガクガクっと女体が派手な痙攣に呑まれた。縦溝に食い込ませた俊輔の指が、むぎゅりと強く挟まれる。豊かな黒髪がおどろに振られ、乳房がぶるるるるっと迫力たっぷりに揺れた。かと思うと、今度は急に脱力し、強張った美貌も表情を失った。俊輔の腕の中、ぐっと息を詰まらせ、全ての動きを止める寧々。熟れた女体が、未経験のまま昇りつめた瞬間だった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!