俊輔は、女体の濡れをじっくり深めてから、肉厚の秘唇中央で、快感の芯を探った

俊輔は、女体の濡れをじっくり深めてから、肉厚の秘唇中央で、快感の芯を探った。
「ひっ!だ、ダメですっ、そこは、ああ、そこはぁあああっ!」
びくびくびくんと、派手な反応が起きた。指先に小豆大のしこりを捉えた瞬間だった。狙われた寧々も、さすがに太ももを閉じ合わせようとしたが、すでに遅い。