そのままバイブは離れることなく、無情の微振動が恥蕾を弾きつづける

声とともに、瞬悦が鋭く突きあげる。バイブは電源が入ったままだったと見え、敏感な恥蕾を弾かれたのだ。そのままバイブは離れることなく、無情の微振動が恥蕾を弾きつづける。腰の抜けるような愉悦がじわじわと下半身を浸食していく。理香はがっくりと額をフェンスに押し当て、くなくなと尻を振り立てた。